今年第42戦札幌リージェントゴルフ倶楽部新コースでのラウンド・・・寒い中、職場コンペ(予約投稿)

熊本地震や台風で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます

コンペ2気温9℃

昨日に続き連チャンだが、職場のコンペで札幌リージェントゴルフ倶楽部新コースでラウンド。
気温は低く、ずっと10℃を下回るくらい
といっても幹事なので、まずは早く行って、諸準備に追われる。
予約はアウトスタートだったがカートに乗るとインスタートだったり、違うバッグが積まれたり、お決まりの小さな混乱はあったが、
無事にスタート。
自分は幹事なので、数球パットで転がしただけで、すぐにスタート。
よく考えると、よく来ていた新コース、今年は初めて
コンペスタート前1コンペスタート前2

前半はインコース。
始球式の後、第1組でスタート。
10番472Y、PAR5 (1)
  新コース10番
  DR(FW真ん中)➡4W(FW左)➡3UT(G右前ラフ)➡SW(1.5mオン)➡1PT
   ・ボールは、気温が低いので柔らかいボールが、と思い、前日の御前水で使ったツアーステージV10を使用。
   
11番293Y、PAR4 5(2) FW
  DR(FW右)➡4UT(G右ラフ)➡PW(Gオン)➡2PT
   ・2打目はラフとGの境目でPWが打ち辛く、上手く寄せられず、2PTの距離となった。

12番331Y、PAR4 (1)
  DR(FW真ん中)➡6鉄(ピンハイ右2mオン)➡1PT
   ・「きれいに」バーディー奪取
   ・2打目の6鉄は、力みが全く無く振れた感覚だった。

13番164Y、PAR3 4(2)
  2UT(G前)➡9鉄(オン)➡2PT
   ・9鉄寄せがやや強過ぎた

14番325Y、PAR4 5(2) FW
  DR(FW左)➡2UT(G前)➡9鉄(3m手前オン)➡2PT
   ・9鉄の寄せが突っ込み不足
   ・ここからタイトリスト「プレステージ」を使用。バネのような打感であまり好みではないが、飛んでいる???

15番482Y、PAR5 (1) FW
  DR(FW真ん中)➡4W(FW)➡PW(G右カラー)➡PW(1mオン)➡1PT
   ・3打目のPWの狙いがやや狂い、3オンしなかったが、何とかパー。
  
16番359Y、PAR4 6(2) FW
  DR(FW右)➡2UT(ダフってクリーク右越え)➡SW(G前ラフ)➡PW(ピンに当たる)➡2PT
   ・急に雨が降り出す。
   ・2UTはダフったのでクリークに入ったと思ったが、越えていた(雨で見えなかった)

17番131Y、PAR3 5(3)    
  8鉄(左カラー)➡PT(1.5mオン)➡3PT
   ・外PTで1.5mに寄せたが、何と3PT
   ・ケ・イ・ソ・ツ

18番361Y、PAR4 (1) FW
  DR(FW右)➡3UT(G前)➡PW(1.5mオン)➡1PT
   ・PWで上手く寄せ、1PT、パー

前半は15PTの42。
プレステージにしてから、ボールが飛んでいる感じ。気温のせいか???
打感はゼクシオ・エアロドライブに似た「ボヨーン」といったバネのような感じ。
17番は安易でもったいなかった

途中休憩は無く、後半アウトへ。
1番472Y、PAR5 7(1)
  DR(左Rフ)➡2UT(FW)➡2UT(FW)➡SW(トップしてG奥バンカー)➡SW(出ず)➡SW(OKに寄せる)➡1PT
   ・4打目トップは痛い。スイングが速くなる・・・
   ・バンカー2発目は入りそうになった

2番348Y、PAR4 7(2)
  DR(左木に当たりラフ)➡3UT(右ギリラフ)➡8鉄(G左前)➡PW(乗らず)➡PW(寄せてオン)➡2PT
   ・このトリプルは痛い。冷静な処理が出来なかった・・・

3番128Y、PAR3 4(2)  
  7鉄(G左カラー)➡PW(2mオン)➡2PT
   ・寄せの突っ込み不足。

4番339Y、PAR4 5(2) FW  
  DR(FW右)➡3UT(G前ラフ)➡PW(下2mオン)➡2PT
   ・2打目は前に木があって狙えず、打ったが木に当たる。  

5番517Y、PAR5 7(2) FW
  DR(FW真ん中、今日イチ)➡4W(右ラフ)➡2UT(右ラフ)➡SW(ロブがGオーバー、カラー)➡PT➡2PT
   ・2打目の4Wはターゲットフラッグに当たり、先に抜けて右ラフへ。ちょっとついていない・・・ 
   ・絶好のロブチャンスだったが、最近SWのロブが不調

6番348Y、PAR4 5(2) FW
  DR(FW真ん中)➡8鉄(ダフってG左前)➡PW(Gオン)➡2PT
   ・2打目は2オン狙い過ぎで力んだ

7番383Y、PAR4 5(2) FW
  DR(FW真ん中)➡2UT(力んでダフる)➡SW(下4mオン)➡2PT
   ・ここでも2オンを狙い過ぎて力む12番の2オン時の脱力感を忘れている・・・

8番180Y、PAR3 4(2)
  2UT(ピンハイ右ギリラフ)➡PW(Gオン)➡PW(1mオン)➡2PT
   ・PWの寄せは後ろの伸びたラフが邪魔で、乗せただけ。
  
9番383Y、PAR4 5(2)
  DR(右ギリラフ)➡1UT(G前花道)➡PW(Gオン)➡2PT
   ・つい力が入り、FWキープ出来ず。

後半は17PTの49。トータル32PTの91。
後半は1つもパー無し。やはり出だしの2ホール(ダボ、トリ)が痛い・・・
シーズン終盤、来シーズンを見てのスイング見直しが必要・・・。

終了後は表彰式。
優勝者は何と『2アンダー』、一人別世界のシングルさんだった。
コンペ優勝者コンペ表彰式1

無事終了して、現地解散。
終わる頃も気温は9℃。
寒い1日だった・・・

【今日のデータ】
パーオン率:5.6% パーセーブ率:22.2% ボギーオン率:77.8% ボギーセーブ率:72.2% 
FWキープ率:71.4% 平均パット数:1.7778 バーディー数:1 パー数:3

今年第41戦アイランドゴルフリゾート御前水でのラウンド・・・「TN決戦」今年最終戦

熊本地震や台風で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます

御前水ハウス
T氏、N氏の宿命の対決「TN決戦」の今年最終戦。
天気も1週前には雨予報だったが、直前で曇り時々晴れの予報に
また、A氏ご夫妻の来札もあり、合同ラウンドと相成った
しかし、T氏は前日に財布紛失、依然行方がわからない状況で、気持ちが晴れない中での参加。

インからのスタート。
10番543Y、PAR5 7(2)
  ・「TN決戦」は、N氏がいきなり3オン1PTのバーディースタート。一方のT氏はボギー。
 
11番404Y、PAR4 5(2) FW
  ・N氏がダボって差が縮まるが、まだまだ始まったばかり。お互いの舌戦が激しい(笑)

12番150Y、PAR3 4(2)
 3人が1オンだが、自分だけボギー。
  ・「TN決戦」のパットの集中が尋常ではない雰囲気。ピリピリしている・・・
  御前水12番T氏⇚クリックで動画へ   御前水12番N氏⇚クリックで動画へ

13番350Y、PAR4 7(2) 池
 いきなり池に入れてしまう。どうもDRの調子が出ない・・・。
  ・「TN決戦」はT氏が5mのパーパットを放り込み、追いつく。

14番344Y、PAR4 (1) FW、B
 左FWキープしたが、前が木でGは狙えず避けたがG左バン入。しかし砂イチでパー
  ・T氏がややトラブり、ダボだが、N氏がパー。

15番144Y、PAR3 4(2) B
 名物ホールの打ち下ろしショート。8鉄でバン入も2PTでボギー。
  ・T氏は痛恨のクリーク
  (A氏とTJ氏のティーショット)
  御前水15番A氏⇚クリックで動画へ   御前水15番TJ氏⇚クリックで動画へ

16番338Y、PAR4 5(2) FW
  ・T氏が強気のパットでパー奪取、N氏はボギー。

17番402Y、PAR4 5(2) FW
  ・T氏は得意の距離のパーパットをまた沈め、連続パー。N氏ボギーで差が縮まる・・・。
   御前水17番T氏⇚クリックで動画へ  御前水17番N氏⇚クリックで動画へ

18番479Y、PAR5 8(2) B
  ・ティーグラウンドでT氏の携帯が鳴り、何と財布が見つかったとの連絡が入る思わず皆でグータッチ!
   それも空港にあるそうなので、帰りには手元に戻る・・・
   一気にT氏のもやもやは晴れ、ナイスショットだったが、僅かにバン入。しかしここから池越えのFW真ん中への
   スーパーショットが炸裂3オンしてパー奪取で3連続パー。やはりゴルフはメンタル???
   しかしN氏も負けじとパー奪取で、前半は2打差でN氏がリード。
   「TN決戦」は今回はハイレベルな争い(失礼!)

前半は17PTの49。自分はボロボロだが、「TN決戦」の真剣な空気が伝わり、この後の後半が楽しみ。

ここでハーフ休みが入る。そんなシーズン終盤の季節になったのか・・・
ところがハーフ休憩中は突然の土砂降り
しかし「お財布談義」や「ゴルフ談義」に花が咲いているうちに、後半スタート時には雨が止んで、
青空に・・・
ただその後は予報通りに風が強くなり出し、7m程度の風の中の後半となった。

1番385Y、PAR4 5(2)
  ・N氏がいきなりトリプルで後半の幕が開き、ここで一気にT氏がN氏に追いついた・・・。

2番176Y、PAR3 4(2)
 2UTでG前、2PTボギー。
  ・「TN決戦」はT氏がダボ、しかしN氏が何とダブルパーT氏がN氏を抜き去る・・・

3番361Y、PAR4 6(2) FW、B
  ・T氏はここでパーパットを強気で入れ、パーとし、差を広げる。

4番365Y、PAR4 7(2) FW、B
 自分はやっとFWをキープしだしたが、詰めが甘くトリプル
 
5番553Y、PAR5 6(2)
  ・自分はボギーだったが、「TN決戦」はパット感覚が妙な感じでダボ。特にT氏が微妙に「?」な感じに見えた。  

6番327Y、PAR4 5(1) FW、B
 FWをキープしたが、3打目でバン入、4打目で乗せて1PTのボギー。
  ・「TN」は二人ともバン入だったが、N氏がボギーで反撃の狼煙を上げる
  
7番196Y、PAR3 4(2)
 1UTで花道、突っ込み不足で2PTのボギー。「TN」もボギーで状況は膠着。
   御前水7番A氏⇚クリックで動画へ御前水7番A夫人⇚クリックで動画へ
   御前水7番TJ氏⇚クリックで動画へ
   御前水7番T氏⇚クリックで動画へ御前水7番N氏⇚クリックで動画へ

8番520Y、PAR5 6(1) FW
 DRはFW、4WもFW、ただ2UTがやや引っ掛かり、G左前ラフ、ライが悪くG前に出すだけで、5オン1PTのボギー。
  ・ここもみんなボギーで、最終ホールを迎える。

9番395Y、PAR4 6(2) FW
 DRはやっと最終ホールで「今日イチ」、2UTでG前だが、SWがトップしてG奥ラフへ。結局4オン2PT。
   ・「TN決戦」は、ここまでで3打差でT氏がリード。このまま逃げ切ると思われた。
    しかし、そう簡単に終わらないのが「TN決戦」。これまで何度となく逆転劇もあった。
    ティーショットをUTで打ちギリギリFWをキープしたが、その後、ショートやトップなどがあり、何と終わってみたら、
    1打差でギリギリ逃げ切って、やっと「TN決戦」は決着を迎えた
    これだけやって、途中、逆転の逆転などがあるが、結局は1打差・・・
    またこれからもこういった戦いが繰り返されるのだろう
 
後半は16PTの49。合計33PTの98と不冴えなラウンドとなってしまった。
特にDRで球を掴まえられず、後半の後半からやっとペースをつかみ出した感じだった。

A氏ご夫妻も、A氏の肘痛があり、決して万全ではなかったものの、北海道のゴルフを堪能されたのではないか、と思う。
ちなみに、帰路に空港に寄って、T氏の財布が手元に戻ったのは言うまでもない・・・

今年第40戦アロハカントリークラブ早来コースでのラウンド・・・Yさんと夫婦対決

熊本地震や台風で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます

Y氏ご夫妻とラウンドで、少し遠いが早来のアロハカントリークラブへ。
風が全く無く、当初の予報の20℃とは全然違い、汗が出るほど暑かった・・・。
アロハクラブハウス1アロハクラブハウス2
アロハスタート前

インから早い時間のスタート。
DRはNSPRO-GT600(S)にリシャフトし、一度も振らずにいきなり本番へ。
10番、11番、12番、13番とスタートからダボの4連荘。
パットを入れに行くと、速くてその代償が大きい、というパターン
しかし、DRは普通に当たっており、撓りも感じ、ATTASg055より少し軽くなり(320g→315g)、振り易くなった印象。

12番はほぼ2オンだが3PTで自滅。
13番ロング(525Y)は真っ直ぐ飛んだが、ちょうどFWが切れているところ(ラフ)に落ちる。
ど真ん中に打ったのに、一時、ロストか、という感じだった。

11番の婦人たちのティーショット。
アロハ家人#11⇚クリックで動画へ  アロハY家人#11⇚クリックで動画へ

14番は大きいクラブを持ったが、その通り会心の当たりで、グリーンをオーバー。
しかしPWで寄せ、1PTで決め、パー

18番は急な上りを3オンだが、1PTで決めパー。
アロハ#18⇚クリックで動画へ  アロハY氏#18⇚クリックで動画へ

途中は待ち有りと言われていたが、そのままスルーへ。
アウト1番は凄い打ち下ろしDが、FWをキープして寄せて3オンで1PTのパー
アロハ#1

5番ではG前のバンカーに入れたが、Y氏の指導で左足体重のまま「ゆりかご」のイメージでヒールから打ち込んだら、
スピンも効いて距離も出てオン!
バンカーの「コツ」も少し思い出した感じ。

7番ショート(144Y、実質150Y?)。
ピン奥なので、4UTを短く持って振ったがショート
変な小細工をせずにアイアンで打てばよかったか・・・。
アロハ#7⇚クリックで動画へ  アロハY氏#7⇚クリックで動画へ

8番ロングの婦人たち。
アロハ家人#8⇚クリックで動画へ  アロハY家人#8⇚クリックで動画へ

自分はギリギリ左ラフだったが、2打目の4Wは超いい当たり、しかしまっすぐ右OB
自信をもって打ったが、右を向いていたか???
最終9番は、しっかり寄せでOKパーを取ったので、この8番は相当にもったいないホールだった。

前半19PTの47、後半17PTの47のトータル36PTの94。中途半端なラウンドだった
余談だが、風呂のお湯の温度が非常にぬるく、こんな温度で「お風呂?」」という感じ・・・。

【今日のデータ】
パーオン率:5.6% パーセーブ率:22.2% ボギーオン率:77.8% ボギーセーブ率:61.1% 
FWキープ率:28.6% 平均パット数:2.0000 パー数:4

今年第39戦札幌南ゴルフクラブ駒丘コースでのラウンド・・・N.G.Bコンペ参加

熊本地震や台風で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます

NGBコンペに初参加。
汗がにじむような天気に恵まれ、第3組として、ヒカルさん、トモさんとラウンド。
駒丘1駒丘2
駒丘3駒丘4
駒丘5駒丘7

各人の武器は以下の通り。
駒丘8

コンペの結果は家人準優勝、自分は4位。
駒丘9

ちなみに自分(HDCP17)は53、46の99、家人(HDCP19)は49、49の98。
有名な駒丘のグリーンの速さに完全に翻弄され、パット数は39
今はカートになっているが、それでも山岳のイメージ。
以前は歩きのみだったが、よくここを歩きで何回も回ったものだと、改めて感じた。

唯一大満足だったのは、2つ。
1つは、3番のPAR3(159Y)で1オン2PTのパー。
そして、14番ロング(461Y)。3オンしたら、カップから30cmのところにあった。
タップインのバーディーには、自分でも驚く

それにしても、一緒に回ったヒカルさん、トモさんご夫婦は、非常に上手い。
ヒカルさんは驚異の飛距離、トモさんもDR無しで3Wだけ使う「3Wの魔術師」。

2番
NGB#2⇚クリックで動画へ  NGBヒカルさん#2⇚クリックで動画へ

7番
NGB家人#7⇚クリックで動画へ  NGBトモさん#7⇚クリックで動画へ

10番
#10NGB⇚クリックで動画へ  NGBヒカルさん#10⇚クリックで動画へ
NGB家人#10⇚クリックで動画へ  NGBトモさん#10⇚クリックで動画へ

11番
NGB家人#11⇚クリックで動画へ  NGBトモさん#11⇚クリックで動画へ

今年第38戦シャトレーゼカントリークラブマサリカップでのラウンド・・・コンペ前のDRお試し

熊本地震や台風で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます

朝起きると、藻岩山が雲海に・・・。珍しい
20160924朝220160924朝1

Y氏、家人とマサリカップへ。
マサリカップ、インからクラブハウスマサリカップロッカー

『家人との共用』を目論んで入手した名器初代グローレ(シャフトはエストリックス・バルマーBBX-04のS)を持参。
グローレ初代1グローレ初代4

前半インコース。
◆10番527Y PAR5 7(1)
  マサリ10番
  ・グローレは左引っ掛けシャフトが柔らかい?クラブが軽い?何とかダボで収まる。
  ・ボールがグローレDS。「ゴツン」という打感だが、なぜか柔らかい?

◆11番399Y PAR4 5(1) FW
  ・ここも狙いより左引っ掛け。大きな木の後ろになったが、上手く右下を抜け、1PTで何とかボギー。
  
◆12番155Y PAR3 4(2)
  ・3UTトップ気味で、1オンせう、ボギー。
  ・前回、2UTで大きく打ち過ぎたので、かえって軽く振り過ぎた   

◆13番327Y PAR4 5(2)
  ・グローレでは不安なので、このホールからエポン460に戻す。やはり振り易い。クラブが適度に重いので、振れる。
  ・3オン2PTのボギー。

◆14番477Y PAR5 6(2)
  ・DRは右ラフだが、4オンさせたが2PT、ボギー
  
◆15番354Y PAR4 5(2) FW
  マサリ15番
  ・ここはプレステージ(ロスト)を使う。
  ・DRでFW右をキープ、1UTで花道まで運んだがSWが6m前オン何とか2PTでボギー。
  
◆16番323Y PAR4 5(1) FW
  ・ここからエースボール、JOKERを使う。
  ・正面の斜面に当たってFW。6鉄で右ラフ、SWで1回で乗らず、4オン1PT。
  ・正面までDRが届くと思わなかった・・・。しかしその後が酷い・・・

◆17番158Y PAR3 (1)
  マサリ17番
  ・3UTで6m手前に1オン、2PTでパー。
  ・前回の学習効果有り(笑)

◆18番321Y PAR4 5(2)
 マサリ18番左ルートマサリ18番右ルート  
  マサリ18番案内
  ・DRで谷越えで右ラフ、2UTでG砲台右斜面ラフ、PWで下1.5mに寄せたが、外した
  ・左FWと右FWを選択できるホールだが、今回は右谷越えを選択。
  ・意外にプレッシャーは大きくなく、谷越えのほうが近道は明らか

前半は15PTの45。
まあまあか・・・。

後半はアウトコース。
◆1番546Y PAR5 (1) FW  
  ・DRはFW左、4WでFW左、2UTでバンカーを突破し、SWで左2.5mオン、1PTのパー。
  ・ボールはここだけ、XXIOエアロドライブ。バネのような打感だが、飛んでいたのは確か。
  マサリ1番⇚クリックで動画へ   マサリY氏1番⇚クリックで動画へ
  マサリ家人1番⇚クリックで動画へ

◆2番286Y PAR4 5(1) FW
  ・ここでJOKERに戻す。
  ・DRはFWセンター、アプローチでギリギリカラー、1PTのボギー。、
  
◆3番129Y PAR3 (2)
  マサリ3番1オン
  ・7鉄でピン左3m、バーディーパットを惜しくも外し、パー  
  マサリ3番⇚クリックで動画へ   マサリY氏3番⇚クリックで動画へ
  マサリ家人3番⇚クリックで動画へ

◆4番356Y PAR4 5(2) FW
  ・DRはFW、3打目でピンハイ3mに乗せたが、外してボギー。
  
◆5番327Y PAR 4(2) FW
  ・DRはFW、2UTでピンハイ左2mに2オンしかしスライスラインを膨らませ過ぎてパー
  
◆6番438Y PAR5 6(2)
  ・DRは左ラフ、4オンで左4mを惜しくも外し、ボギー。
  ・ロングのパーを狙ってDRが力んだ・・・
  マサリ6番⇚クリックで動画へマサリY氏6番⇚クリックで動画へ

◆7番355Y PAR4 6(2) FW
  ・DRは良い当たりでFW右、2UTで花道も、その後の寄せがボロボロで、素ダボ
  ・花道まで来てパーは確実かな?と思ったのが大失敗

◆8番180Y PAR3 5(2) B
  ・1UTで右バン入、出してラフ、乗せて2PTのダボ。これは痛い。
  ・2UTでG手前でも良かったかも・・・

◆9番267Y PAR4 5(2) FW
  ・DRでFW、9鉄で乗らずにG左ラフ、PWで右2.5mに寄せたが外し、ボギー
  ・さすがに2オンさせないと・・・。

後半は16PTの44。
またまた上がり3ホールで崩れかけたが、最後はボギーで踏ん張り、何とか合計31PTの89。
課題は多いが、明日のコンペに繋がる・・・か

ラウンド後、グローレをR11Sにするか、シャフトを替えるか、いろいろと悩んだが、
結局は今回は売り戻して、一旦リセット。
少し研究の時間を要しそうだ・・・

【今日のデータ】
パーオン率:16.7% パーセーブ率:22.2% ボギーオン率:66.7% ボギーセーブ率:83.3% 
FWキープ率:57.1% 平均パット数:1.7222 パー数:4

今年第37戦ザ・ノースカントリーゴルフクラブでのラウンド・・・お疲れ様でした(*^_^*)

熊本地震や台風で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます

早朝お迎え

仕事関連でのラウンド。
朝3時に起床し、日の出の頃にお迎えして、ザ・ノースへ。
着いたら個人的にお試しに「TOUR B330S」を買ってみた。
ザ・ノースBS TOUR-B330S

前半アウトは、19PTの48。
パーとトリプル、ダボが交互のようなスコア
パーは、2番、4番、7番。
2番151Y、PAR3は、実測160Yで3UTで左前6mにオンしたが、1stで4m残すも入れてパー
4番352Y、PAR4は、DRは左木の下ラフ、5鉄でFWに出し、PWで左上1.5mに乗せ、1PTで決めパー。
7番110Y、PAR3は、8鉄でギリギリオン、2PTでパー。 

後半インは19PTの47。
後半もパーとトリプル、ダボが交互のスコア
パーは10番、12番、14番。
10番398Y、PAR4は、DRは右ラフ、2UTでFW左、PWで6m手前にオンして、これを沈めパー。
12番169Y、PAR3は、2UTで右前2mにオン、しかしバーディーパットを外し、パー。
14番338Y、PAR4は、DRはFW真ん中、3UTでGセンターに2オンし、2パットのパー。
その後はボギーペースだったが、最終18番でギリギリバンカーに入れてダボ

随分と極端なラウンドだったが、TOUR B330Sは以前打った感じと違い、芯があるが柔らかい感触。
ただ、後半14番から使い始めたJOKERのほうが結果的に安定しており、やはりJOKERが合っているのか・・・。

今回は、太平洋で経験した「振り抜く感覚」が戻らず、かえって振り回していたようだ

今年第36戦太平洋クラブ札幌コースでのラウンド・・・パット崩壊、でもDR振り抜き実感

熊本地震や台風で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます

太平洋スタート1太平洋スタート前2

農家の野菜買い出しの帰りに、練習ラウンドとして家人と太平洋クラブ札幌コースへ。
ここのレギュラーは広めだが長い。良いスコアが出た記憶は無い
今回は【はまなす】→【らいらっく】、トータルで6,500Y弱ある。
気温は17~19℃。もうシーズンも確実に終盤に向かっている

結果から言うと、40PTの98。
最近の30台前半PT(26PTも有り)から、いきなり崩壊状態へ
自分に全く合わない(敢えて言うが)グリーンという表現が一番合っている感じ(笑)
速くもないのだが、ずっと表面を滑る感じで、止まらない・・・。カップ直前で曲がる・・・。
その結果、3PTが5回も(そのうち後半で4回
入れに行けば行くほど罰が大きい・・・外しまくった(笑)

結果は結果として、今回ラウンドの最大の収穫は、『ドライバーの振り抜き感』。
今までも当たるときは当然にあったが、『振り抜けた』という感じ、そしてそれが続き、
『振り抜くポイントはここだ』という感覚は、初めてのような感触だった
らいらっく4番の打ち下ろし390Yでそれを偶然に体験した。
そして旗近くの235Y飛んでいた。ボールはPROV1(2013)。
らいらっく8番、らいらっく9番の動画に残したが、感覚的には今までと相当違う感覚である。

次のホール、そしてラストホールまで、この感覚を決して忘れないように、振り切った。
そうすると、面白いように真っ直ぐ強い球が、そして今までよりも少し飛んでいる。
そもそもが長いコースなので、あまり実感は出来ないが、
らいらっく9番(490Y)ではDR、1UT、1UTでほぼ3オン出来た。
2打目の1UTがラフに浮いた状態から打って球が上がったにもかかわらずに・・・。
これはリシャフト後、1UTも同じように振り抜く感覚を得ており、200Y超をほぼグリーンまで運べたからでもある。

最近、アドレス時のフェイスの向きや身体の軸の傾きばかり気にしていて、フックや右に吹けたりしていた。
でも何とかスコアはまとめていたようだが、或る意味、騙し騙しといった感じだった。

今回、体験した感覚は大切にしていかないといけない

【はまなす】
1番534Y PAR5 7(2)
はまなす#1はまなす#1コース
 
2番393Y PAR4 6(2) FW
  家人DR。
  太平洋家人はまなすDR1⇚クリックで動画へ

3番152Y PAR3 4(2) B
はまなす#3
 G手前のバンカーに入れてしまう。

4番389Y PAR4 6(2) 
5番506Y PAR5 6(2)
   1UT。
   太平洋はまなす1UT⇚クリックで動画へ
 
6番355Y PAR4 6(3)
   太平洋はまなすDR1⇚クリックで動画へ  太平洋家人はまなすDR2⇚クリックで動画へ

7番145Y PAR3 (2)
  はまなす#7はまなす#7グリーンから
  
はまなす#7オン
  すごい上りのショートだがピンは手前。2UTで奥3.5mに1オン。2PTのパー。
  グリーンからティーグラウンドを見下ろすと高低差の大きさがわかる。

8番350Y PAR4 6(2) 
9番384Y PAR4 5(1)
 バンカーに足が入りそうなラフからSWで打った球がカップ縁で止まる。惜しくもボギー

前半は18PTの49。
ダボの嵐、パットが入らない・・・。
 
【らいらっく】
1番537Y PAR5 7(3) 
2番155Y PAR3 4(2)
  太平洋らいらっく#2⇚クリックで動画へ
 谷越ショート、気でピンは見えないが、右ラフに少し外し、ボギー。

3番394Y PAR4 6(3) FW 
4番390Y PAR4 6(3) FW
 このホールで約240Y飛ばし、振り抜く感覚を感じる。
 しかしラフからロブで3mに乗せたが3PTのダボ
 
5番380Y PAR4 5(2) FW
 打ち上げホールだが、前のホールの「振り抜く感覚」を再現。強く真っ直ぐ飛ばせた。

6番135Y PAR3 (2)
  らいらっく#6オン
  太平洋らいらっく#6⇚クリックで動画へ  太平洋家人らいらっく#6⇚クリックで動画へ
  自分はバーディーチャンスだったが外し、家人は池の向こう岸に刺さる・・・。
 
7番355Y PAR4 6(2) FW、B
 やや打ち下ろしだが、「振り抜く感覚」でややドローでFW真ん中。
 ただ、G前のバンカーに入れてしまう。

8番418Y PAR4 6(3) FW
  太平洋らいらっく#8⇚クリックで動画へ
 打ち上げで前が壁のようだが、ここも「振り抜く感覚」を再現。DRは良好。

9番490Y PAR5 6(2)
  太平洋らいらっく#9⇚クリックで動画へ  太平洋家人らいらっく#9⇚クリックで動画へ
   少し左へ行ってラフだったが、ここでも「振り抜く感覚」を再現。

後半は22PTの49。
結果が示すように、22PTはなかなか無い。
でもドライバーの『振り抜く感覚』が体験できたのは貴重だった。
ただ、次回ラウンドでこれが生かせるか・・・。