上手くいき過ぎのウォーターショット・・・

先日のラウンドでのウォーターショットについて、振り返ってみた。

グリーン前のビーチバンカーでの出来事。
ロイヤルシップ18番レイアウト

3打目を2.5UT(19度)で打って、池の左横のラフに止まったが、ボールのすぐ前に低木
そのままでは絶対に木に当たるので、イチかバチかで、SWのフェイスを思いっきり開いて
振り切ったロブショット
しかし、グリーンには僅かに届かず、ビーチバンカーに落ち、傾斜があるので、池の水側に転がる。
ボールが止まった状態は下図の通り。
シップビーチバンカー

靴ひもまで水が来る深さではなかったので、シューズは脱がず、
とにかく上からボールにSWを振り下ろすだけを意識して打つ。
ただ、ボ-ルは水面の動きでユラユラ動いているように見えた。
とにかく振り下ろしたが、よく言われる「水の抵抗」という感覚は無く、出たかどうかわからないうちに、
水が眼鏡にビシャッとかぶってきただけ。
無意識にグリーンのほうを見たら、何となく視界にフワッと浮いたボールが見えた気がした。
ピンまで約5mあったが、ピンハイで左4mに乗せた。
全くの偶然で出たと思うが、もし動画が撮れていれば、貴重な記録だったはず・・・。
関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/08/02 ] 分析 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する