悩んだらここに戻る・・・備忘録

右肘下向け
 ①肘を下に向けてアドレスすること。もちろん、肘から下(前腕)はグリップに合わせる(回内)
 ②意識としては、肘を下に向けるのは左より右、かもしれない・・・
 ③脇を締めたまま(肘ではない)、コンパクトなトップで十分

修正前のインパクト前後の様子。
7鉄インパクト前改前7鉄インパクト時改前

修正後のインパクト前後の様子。
7鉄インパクト改後7鉄インパクト時改後

カメラの角度も違うし、画像では違いは分からないが、自分の意識としては、また結果も全然違っている・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する