球の捕まりが悪く改めて復習・・・右肘下意識の脇締め

エポンのFW(22度)を試し打ちに軽くコラソンへ。
混んでいて、打席は左端。
コラソン0505

まずはエポン22度FW。音は「パシッ」で金属的な感じはしない。
でもあまり上手く球が捕まらず・・・このアッセンブルは失敗だったかな、という思いが頭を過る。
  9W後方⇚クリックで動画へ

そして7鉄。FWよりは捕まっているが、微妙に芯に当たっていない感じ。
たまに強さが無く、あの柔らかい打感が手に残らない・・・
  7鉄斜め後方⇚クリックで動画へ

だが、試行錯誤しながら、ふと気付いたのは、脇締めではあるが、肘が下を向かなければいけないということ。
単に脇を締めているだけでは違う。
特に右の肘を下に向けて胸の上に腕を乗せることを、左よりも意識すると・・・
全く強さが違う球が出た。何回繰り返しても同じ
  7鉄斜め後方脇締め改⇚クリックで動画へ

4Wも同じように、気付き前と気付き後。インパクトの音が違う。
動画は無いが、22度FWでも試したら、球の捕まりが全く変わり、22度FWを導入してよかったのではないか、と
思えるようになった。
  4W後方⇚クリックで動画へ   4W後方脇締め改⇚クリックで動画へ

帰りの新川通りは桜が満開。ゴルフパートナーも車が一杯。帰ったら「爽」
新川桜2新川桜1
ゴルフパートナーも混んでいる爽冷凍みかん
関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/05/05 ] 練習 | CM(2)

頂戴→前腕だけ回内ですね。
[ 2017/05/05 21:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

しょぼさん、
いつもどうも有難うございます。
仰る通りですv-435
> 頂戴→前腕だけ回内ですね。
[ 2017/05/05 22:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する