RODDIO4Wを確実に・・・他も確認へ(予約投稿)


コラソン0109
克服のため、RODDIO4Wが上手く打てないコラソンへ、DR、4W、7鉄、PWを持っていく。

まずはPW。
脇締め意識によって、アプローチの感覚が狂ってしまうのもまずいので、ゆっくり考えながら打つ。
PW正面⇚クリックで動画へ

7鉄。
特に今日は7鉄の当たりが良かった感がある。
「脇締め意識」と「微妙な深めグリップ」で、左腕(左肩)だけで振っているような感覚が生まれている。
今までは左右の腕、の感覚があったので、如何に腕で振っていたかを実感。
また今までよりインパクトが厚いと感じている。
7鉄正面スロー⇚クリックで動画へ   7鉄後方スロー⇚クリックで動画へ

課題の4W。
少し「打ち方」に気付いたので、それを実践すると、真っ直ぐ高い弾道で飛んでいった。
微妙に上からボールを覗く感覚と、腕を身体に近づけてブランとする意識を、他のスイング時より、ほんの少し
強く持って振ると、17度のロフトを生かした伸びのある弾道が出る。
コラソンではフックばかり、ということではなく、やはり打ち方だった(当たり前だが・・・
ただ、何も考えずに振れる(今のDRのエボⅢSRはそんな感じ)ということを考えると、
やはり「PENTACROSSWEB F-6」の先中調子は少しヘッドが動き易いのかもしれない。
RODDIOの4Wは、打音が唯一ちょっと変わった音がするが、それ以外は慣れさえすれば、相当な武器になりそうだ。
4W正面スロー⇚クリックで動画へ

最後にドライバー。
以前のスイングと比較するために、正面スローを撮った。
この時の弾道は中弾道で真っ直ぐ
現状では満足出来る弾道。雪で着地点がわからないが、飛んでいると信じたい(笑)
DR正面スロー⇚クリックで動画へ

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/01/12 ] 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する