ルーティンが変わることの影響は・・・今のところ不明(予約投稿)

前回記事で、『脇締め意識スイング』にしたら、ルーティンが変わりそうなことを書いたが、
果たしてこれを実際のラウンドで出来るだろうか?

まず大きく変わったのが、素振りをしないこと。
下の「新ルーティン、新打ち方」には素振りは無い・・・。
  ①肘を合わせて下に向け、肘より手側を内旋させてグリップ。
    左グリップは親指と人差し指の股にシャフトが来るくらいまで。
  ②ボールに合わせてアドレスして、左右の足を交互に小さくバタバタ踏み込んでリズムをとり、
    右に踏み込んだ勢いでテイクバック。
  ③左への踏み込みに合わせ、ダウンスイング、そしてインパクトへ。

でも、練習時は全く気にならずに、素振り無しで打てるのだ。

ところで、『脇締め意識スイング』で非常に分かり易い動画を見つけた➡今井純太郎プロの「アドレスでの腕の向き」

身体の回転で振る=身体に出来るだけ腕を同期させる≒脇を締める
ましてや、脱力出来れば・・・。

以下は書いているうちに「文系人間」が感覚的に思い付いた頭を整理するための、スイングのキーワード(笑)

・ボールを飛ばす
・遠心力がスイングの中心的要素か?
・腕は極力使わずに、腕を身体の回転に同期。即ち脱力が必要。
・身体の回転で打てれば、遠心力を十分に使える?
・身体の回転に同期するには、出来るだけ脇を締める。

・インパクトの瞬間ではフェイスが飛球線に直角に当たる。
・といっても、ヘッドが返るし、ヘッドの惰性もあるので、静止状態の直角ではないはず。
 (この意味で、クラブヘッドの重心距離が重要かも・・・田村プロ?)
・そこに遠心力が影響するので、インパクトよりもっと手前でその準備が必要。
 そうでないと直角に当たらない。

・物理的計算(但し、スイングスピードやクラブの入る角度に個人差がある)が可能ならば、
 ヘッドを返さなくても、計算上のインパクト位置からボールに向かえば、インパクトで直角に当たるのでは?

こうすれば、真っ直ぐ飛距離も伸びる???

なんてことは無理だろうなぁ・・・

(記事とは無関係です・・・この写真の流用は自由です
おせち2017

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2017/01/07 ] 雑感 | CM(4)

某所で、振り子の挙動と遠心力の関わりを論じてみました。
[ 2017/01/07 ] [ 編集 ]

腕はちょっとでも振ると、たとえ脱力していたとしても、手が先行してしまってヘッドは走らないということになります。腕は振るのではなく振られるですね。腕が振られて最下点に手が来たらソレ以後は手が減速するので、手より先(シャフトですね)が走って、インパクトに間に合うと。
・・・あいかわらずの吉田Pの受け売りですが(笑)

たとえ腕が脱力できてなくても、腕を動かさなければシャフトは走ってヘッドは手を追い越すと。腕が脱力できない影響は、可動域が減ってTBが小さくなると考えるといいそうです。これも吉田Pの受け売り。
[ 2017/01/07 ] [ 編集 ]

かずくん

肘を上に向くのは賛成できますが・・・・・
意識的に向けると肩に力が入りませんか。
肩に力が入らねければ、良いのですが。

手を合わせ合掌し、そのまま降ろせば肩の力も入いらず、肘の内側は自然に絞られると思いますが。
以前、機能解剖学の専門家に確認しましたところ、良い発見とお褒めの言葉を頂きました。

気が向いたら、お試し下さい。
[ 2017/01/07 ] [ 編集 ]

Re: かずくん

かずくんさん、
いつもどうも有難うございます。
少しは落ち着きましたか?
なかなか難しいとは思いますが、無理されないように・・・。

ところで肩に力が入らないように、アドレス時にはそのままブランと腕を下げます。
腹と胸の上の腕を置く、という感覚なら、肩に力は入らず、
今までと全く違う捕まった球(特にアイアン)が打てるような気がします。
[ 2017/01/08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する