元調子のシャフト・・・

ずっと中調子(その昔は先調子)のシャフトを選んでいたが、実は最近、元調子のシャフトのほうが自分には適しているのでは?と思い出している・・・。

元調子の説明について、いろいろと抜粋してみた。
これを読んでいると、納得出来るし、まるで自分のことのように思える。


ヘッドスピードが上がらない人、ダウンで手首のコックがほどけやすい人の場合、手元にしなるポイントがある手元調子、
もしくは手元と先端がしなるダブルキックのシャフトを試すのが良い。

ヘッドスピードが上がらない人、ダウンでタメがほどけやすい人、どちらも手首のコックがほどけてしまうためにエネルギーを
ロスしている。加えて、ヘッドが遅れて下りてこないために、シャフトのしなりも上手く使えていない。
しかし、このタイプのゴルファーも手元がしなるシャフトを使えば、シャフトがタメを作ってくれる。
手元がしなるシャフトほど、手首のコックがほどけてもヘッドが遅れた状態(タメを作った状態)をシャフトが作ってくれる。

手元調子というと上級者向けのイメージがあるが、そんなことはない。
手元調子でも捕まりがいいシャフトがある。加えて、ダブルキックのシャフトは先端側が軟らかいので、手元がしなっても捕まりが非常に良い。


元調子のシャフトというと、上級者向けだと思っている人も多い。
しかし、実際には非力なアマチュアゴルファーや、女性ゴルファーにも合う人がたくさんいる。
手元が柔らかい元調子のシャフトは、トップから切り返しにかけて自然とタメを作ってくれる。
このおかげで、タメのないゴルファーがタイミングよく振れるようになる。
ドライバーの場合、元調子のシャフトはフェースの上目で球をとらえやすく、低スピン弾道を打ちやすいのがメリット。
バックスピンが多くて飛距離をロスしている人なら、飛距離アップを期待できる。
ただし、ボールを抑えて打てる反面、上げづらいということも覚えておくべき。

調子が変わればスイングにも少なからず影響が出る。
例えば、「スライサーは先調子と相性がいい」と言われているが、先のしなりが大きいシャフトの方が、インパクトゾーンで
ヘッドが返りやすい。

しかし、この考え方には落とし穴もある。
スライサーの多くはトップからダウンの切り返しでタメ(コック)がほどけがち。
このため、手元が硬い先調子のシャフトを選んでしまうと‥‥ますますタメ(コック)がほどけやすくなる。
タメがほどけやすい人の場合は、手元がしなるシャフトを使った方が、シャフトがタメを作ってくれるし、この方が軌道も
良くなる。
スライサーに関して言えば、先調子のシャフトよりも、ダブルキックポイントのシャフトを使った方が、道具(シャフト)がミスを
防いでくれるし、右曲がりの度合いも軽減できる。

切り返しでタメ(コック)がほどけているかどうかは、ヘッドスピードでおおよそ見当がつく。
一般男性の場合、切り返しでタメ(コック)がキープできていればヘッドスピードが42m/s以上は出る。
他方、ヘッドスピードが40m/sを下回っている人の大半は、切り返しでタメ(コック)がほどけていると思って間違いない。
タメがキープできないからヘッドスピードが上がらないわけだ。
なので、ヘッドスピードが上がりづらい人には、スライサーならばダブルキックポイント、左のミスを減らしたい人には元調子(手元がしなる)のシャフトを勧めている。

他方、手元調子は捕まりを軽減できると言われているが、これにも例外がある。
ハンデ10~16ぐらいで、ここ一番でチーピンや引っかけがでやすい人の場合は、手元調子(先端が硬いシャフト)は、余計に引っかかりやすい。
このタイプのゴルファーはダウン後半でシャフトが寝ている、いわゆるインサイドからあおり打つ感じになっている。
結果、シャフトをねじって下ろす感じになるため、先が硬い方がねじった反動でねじり戻りも強くなり、インパクトでフェースが
被りやすくなる。
左が危険なホールでチーピン、引っかけが出やすい人の場合は、元調子(先が硬いシャフト)よりも中調子、もしくは手元の
しなりを感じやすい先調子のシャフトが良い。

もうひとつ、先調子、ダブルキックポイントといった先がしなるシャフトというのは、インパクトゾーンでヘッドの走り感が強い
シャフト。インパクトゾーンでヘッドを走らせるイメージを持っている人と相性がいいシャフトである。
言い換えると、先調子、ダブルキックポイントというのはクラブ全体を振るイメージではなく、ヘッドを振るイメージが出やすいシャフトだ。

対して、元調子、中調子というのはシャフト先端側が走らない。
結果、ヘッド振るイメージよりも、クラブ全体を振るイメージが出る。
このため、元調子は体全体でスイング振るイメージが出やすいシャフトである。

この違いを考えると、タメがほどけやすい人、手打ちになりやすい人においては、自分のスイングが確立するまでは、
元調子、中調子のシャフトがお勧めだ。
元調子、中調子の方が、切り返しでタメ(コック)を保持する感覚を養えますし、体全体を使ってしっかり振り抜くことを
覚えやすいからである。

なるほど・・・
今のDRの「ONYX SPEEDER」は先/元調子のダブルキックらしい。
実際に撓りが大きく、手元も柔らかい。

SETTINGカバー付き

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2016/03/26 ] 武器 | CM(3)

その腕前でゴルフを語る勇気に驚きました
[ 2016/05/12 17:23 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名前が不明な方さん、
どうも有難うございます。
抜粋が中心ですが・・・。

> その腕前でゴルフを語る勇気に驚きました
[ 2016/05/12 21:22 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名前不明の方さん、
だからリシャフト失敗でした!(笑)

> その腕前でゴルフを語る勇気に驚きました
[ 2016/05/12 21:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する