今年第47戦登別カントリー倶楽部でのラウンド・・・雪が舞う中、スーパープレーも

御前水の前日に、登別カントリー倶楽部でPBでラウンド。
シーズン中ではなかなか出来ないところなので、シーズンオフを狙って初めてのプレー。

狙いは良かったのだが、スタートしてから間もなく、雪が舞い出す
登別CC1⇚クリックでYouTubeへ

グリーンはエアレーションの跡がまだ残っており、ボールがボコボコ弾む状態。
でもこれがシーズンオンだったら、どれだけ綺麗なゴルフ場か、と感じた。

スコアはアウト18PTの49、インは16PTの48。トータル34PTの97。
途中、キタキツネがグリーンオンしたボールと戯れたので、エキノコックスを警戒してそれに触れないようにして、近くの池に捨てたホールもあった。
ステールヘッド3Wは変に自信があったせいか、今回は1回だけしか当たらず、やはりユーティリティマンに徹したほうがよいのでは?とも感じた。

そんな中で、今回の大収穫は、掘り出し物第2弾の以前に戻したアキラプロダクツの「ツアーウェッジ」。
ピート・ダイ風のデザインの13番134Yを7鉄で打ったショート。ギリギリショートしてしまい、ボールは枕木砲台の下の段、
それも枕木のすぐそばの雑草の中に落ちた(下の写真の矢印の位置)。
登別CC2⇚クリックでYouTubeへ
登別CC13番
砲台の高さは、グリーン面が見えない高さ。
まるで伊藤園レディースの最終ホールのグリーン前のバンカーのようなシチュエーション。
腹をくくって、オープンスタンスでフェイスを開いて、バウンスを叩きつけるように打ったら、何とピンそば1mに
ふんわりと寄る
自分でも驚いた嘘のような本当のスーパープレー
アキラプロダクツの「ツアーウェッジ」はやはり自分に合っているのかもしれない。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する