修正練習・・・

ラウンドで気付いた点を復習。

まずは脱力。
脱力して(特に腕の力)、ヘッドの重さをボールに落とすイメージで「振る」。「打つ」ではない。
腕の力が悪さをすることを意識して、とにかく脱力。
まずは1UT(15度)。
コラソン1UT⇚クリックでYouTubeへ

そして7鉄。力が抜ければ7鉄で高い弾道で150Y復活した
『ヘッドを落とす』感覚だけ。
ラウンドでどれだけこれが出来るか・・・練習で身体に浸みついていないと本番でも出来ない。
コラソン7鉄⇚クリックでYouTubeへ

敢えてタメを作っていたのがDR。これをゆっくりテイクバックは変わらないが、止めないようにした。
やはりヘッドの重さを感じながら「振る」
コラソンDR⇚クリックでYouTubeへ

近い距離へのアプローチで、SWのこの広いソールを滑らすだけで30Y弱にも対応出来るのがわかった。
勝手にボールを拾って、上がって止まる。
また脱力して振ると、ロフト57度でも70Y程度は打てることもわかった。
打痕も一定。
とにかく、腕の力みは大敵
ウェッジ211Sの3ウェッジ打痕

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2015/11/08 ] 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する