脱力、頭残し、そしてバンカーの練習・・・

コラソン1103

午前中にほんの少しだけ練習へ。
持って行ったのは、DR、4UT、PW、SW。

シャムロックのラウンドでは、やはり脱力が上手く出来ず、ここぞというときに力が入ってしまったようだ。
脱力が出来れば、しっかり飛ぶのは明らか。

DRはフェイスの向き、身体の傾き、そして脱力を意識し、最後に頭残し(引っ張り合い)を意識。
コラソンDR頭残しスロー⇚クリックでYouTubeへ

4UTも脱力してヘッドを感じると、しっかり飛ぶ。
やっぱりラウンドでどれだけこれが出来るかが鍵

もう1つの注力練習はバンカー。
バウンスで砂を叩く感覚、ハンドダウンでしっかりコックをして大根切り(左に振り抜く)。
このイメージを忘れないように・・・。最後のスイングが一番良いかも。
コラソンバンカー⇚クリックでYouTubeへ

最後のスイングだけスローで。
コラソンバンカースロー⇚クリックでYouTubeへ

アプローチ練習場でのSWも少し・・・。
フェイスを真っ直ぐに向けて振り下ろすだけで、20Yぐらいの高い止まる球を何度も再現。
ミニロブのような感じ。

<記事とは関係ありません>
トリトン1103函館朝日

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2015/11/03 ] 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する