SWリシャフト、そして試打クラブを借りる・・・工房さんで

親戚のお見舞いに行く前に工房さんに寄る。
SWのシャフトをやや軽くしてキックポイントも変えた。
DGS200から日本シャフトのN.S.PRO WV115へ。
バランスはD4のままで総重量は少し軽くなって467g。調子は元から中へ。
WV115

工房さんで、リョーマのシャフト「BEYOND POWER」というシャフトが展示されており、試打クラブを借りる。
ヘッドは、リョーマD-1マキシマTYPE-D
長さは46.5インチで、重さは290g。
そしてシャフトは「BEYOND POWER」。
これは重さ49g、トルク5.2、そしてフレックスがなんと『∞』
ヘッドスピードは30~50mまで対応が謳い文句。
ワッグルすると、グニャグニャのようだがビンビンしている。撓り戻りが相当に速そうな感じ。
家人のDRのシャフト、FSPのMX-Vに似てはいるが、ビンビン感が決定的な違い。

リョーマDR1
リョーマDR2
リョーマDR3

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2015/06/26 ] 武器 | CM(1)

>グニャグニャのようだがビンビンしている

どういう仕組みなんでしょうね。
[ 2015/06/27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する