今年第6戦札幌エルムカントリークラブ東コースでのラウンド・・・強風とグリーンに翻弄される

GWの初戦は今までで初めての札幌エルムカントリークラブ東コース
西コースは2度行ったことがあり、1度は80台で回ったことがあった。

エルム噴水エルムバッグ

しかし、東コースは初めての上に、朝から強風。
予報ではせいぜい3m程度のはずだったが、インのティーグラウンドに立っていられないほどの強風。
ティーグラウンドからは、満開の桜が・・・。
カートは恵庭地域では初のGPS搭載とのこと。
エルム桜エルムGPS

スタートはインから。
目の前に広がった景色は、大胆な打ち下ろしでその後は打ち上げ。
東コースはかなりアップダウンがあり、ホール間も長いので、カートでなければ相当にキツイと思われる。

◆10番355Y PAR4 (1) [超強いアゲインスト]
  DR(左斜面下ラフ)➡2UT(FW、残50Y)➡SW(上1.5mにオン)➡1PT
   最初からあまりの風の強さに気持ちが萎えて、飛ばずにラフの時点で「まぁ、いいか」状態に・・・。
   しかし寄せが上手くいってスコッティキャメロン効果でパー
   ただグリーンは素晴らしい状態で、速く繊細な印象。

◆11番358Y PAR4 5(2) FW
  DR(FW右、残160Y)➡5鉄(花道右ラフ)➡PW(下2.5m)➡2PT
   1stパットが惜しかった・・・

◆12番358Y PAR4 7(4) FW
  DR(FW真ん中、残160Y)➡5鉄(花道)➡SW(下4m)➡4PT
   1stパットがオーバーして、速さと目に翻弄され・・・

◆13番154Y PAR3 5(3)
  #13エルム⇚クリックでYouTubeへ
  5鉄(花道)➡PW(下5m)➡3PT
    PWが突っ込み不足、その語の上りパットも目と斜面で重く3PT

◆14番349Y PAR4 5(2) FW
  DR(FW右、残175Y)➡3UT(FW)➡SW(1.5m)➡2PT
  せっかくバンカー越えWPSWミニロブで1.5mに寄せたのに・・・。
  ここのグリーンは本当に難しい。
  「下から重く、上から速い、横は曲がる」とはっきりパターンは決まっているのだが・・・。

◆15番550Y PAR5 6(1) [アゲインスト]
 #15エルム⇚クリックでYouTubeへ
  DR(右スライスして崖下)➡4UT(前の木に当たる)➡4UT(FW左、残100Y上り)➡9鉄(ショートし
  て花道)➡PW(上2.5m)➡1PT
   よく1パットでボギーに収めたと思う
   
◆16番330Y PAR4 6(3) FW
  DR(FW、残150Y)➡5鉄(右ラフ)➡SW(オン)➡3PT
   ここでもパットで苦しむ・・・

◆17番165Y PAR3 6(3)
  #17エルム⇚クリックでYouTubeへ
  4UT(バンカー右ラフ)➡SW(だるま落とし)➡PW(カップオーバー)➡3PT
   右から左へ強烈な風。右からの風に当てようと思ったが、真っ直ぐに飛んでいってラフへ。

◆18番472Y PAR5 6(2) [超強いアゲインスト]
  DR(右ラフ)➡3W(FW右)➡9鉄(風に戻され花道)➡SW(右2m)➡2PT
   1stパットは直角に曲がった・・・

前半は、21PTの50。
4PT1回、3PT3回と、グリーンに翻弄される。

後半は少しは風が収まるかと思ったが、あまり変わらずにアウトへ。

◆1番496Y PAR5 6(2) FW [超強いアゲインスト]
  DR(FW左)➡3W(右ラフ)➡2UT(花道)➡SW(オン)➡2PT

◆2番394Y PAR4 6(2) B
  DR(左ラフ、残170Y)➡3UT(左前バンカー)➡SW(ラフ)➡SW(オン)➡2PT
   2打目は少し前上がりだったが、予想以上にボールが左に引っ掛かりバン入
   もっと右を向いていれば花道正面から攻められたのだが・・・。

◆3番183Y PAR3 (2)
  エルム#3、1オン
  2UT(左8mに1オン)➡2PT
   1stパットがほとんど曲がらず30cmまで寄った。

◆4番338Y PAR4 6(2) FW、B
  DR(FW真ん中、残165Y)➡4UT(ダフってバンカー)➡SW(ホームラン)➡SW(オン)➡2PT

◆5番394Y PAR4 5(2) FW
  DR(FW右)➡3W(FW、残60Y)➡SW(左6m)➡2PT
   ここからPROV1へ変更。
   DRは先っちょに当たる。60Yは絶好のチャンスだったが、前上がりで引っ掛けてしまった

◆6番513Y PAR5 6(2) [強いアゲインスト]
  DR(右ラフ)➡3W(FW、残60Y)➡3W(飛んで花道)➡PW(乗せただけ)➡2PT
   どうも3Wが飛ばない感じがしたが、ふと気付いて、スタンスを狭くして打つことを思い出す
   PWの突っ込み不足は残念&ショック

◆7番373Y PAR4 5(2)
  DR(右ラフ、残190Y)➡2UT(花道)➡9鉄(手前4mオン)➡2PT
   左から右の風が強く、DRは流されて右ラフへ。
   ここでも9鉄の転がし突っ込みが不足。
   これまでのPWのアプローチがしっかりインパクトし過ぎてオーバーが多く、つい弱まったか・・・。

◆8番170Y PAR3 5(2) B
  3UT(左バンカー)➡SW(グリーンオーバー)➡9鉄(オン)➡2PT
   右から左の風に持っていかれて左前バンカーへ

◆9番350Y PAR4 5(2) FW]
  #9エルム⇚クリックでYouTubeへ
  DR(FW真ん中、飛んだ)➡6鉄(砲台の途中)➡SW(上3mにオン)➡2PT
   DRはFWポール手前まで飛んだ。PROV1もしっかり打てれば飛ぶことを確認出来た。
   SWで上につけてしまったが、何とか下りを2PTで収める。

後半は18PTの47。
後半はすべて2パットで何とか収めたが、風と併せて疲れたラウンドとなった。
DRはクラブの重さを感じて打つ打ち方にして、安定したようだ。
スコッティキャメロン・セレクト・ファストバック(2014)も球の伸びと直進性の良さが少しずつわかってきた。
やはり一生物という実感。
ただ、ここのグリーンは少し慣れが必要。初挑戦での結果を出すのは難しかったかも・・・。

【今日のデータ】
パーオン率:5.6% パーセーブ率:11.1% ボギーオン率:72.2% ボギーセーブ率:61.1%
FWキープ率:57.1% 平均パット数:2.1667 バーディー数:1 パー数:2

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する