ラウンドして再認識した課題・・・そして自分のスタイルを守ること

今回のラウンドで、ドライバーにおいては素振り連続脱力イメージを生かせる見通しが立ったように思える。
ただ、ダウンでの右腕の使い方にはまだまだ問題が・・・
太平洋素振りイメージスロー⇚クリックでYouTubeへ

3Wも復調しており、あとは一打一打丁寧に打てるかどうか。最初のホールの2打目が典型的な例。3打目はしっかり打てているので、目の前の一打をしっかり落ち着いて打つことに集中すること。

一番の課題は、2打目のクラブ選択とアプローチの突っ込み不足だ。
今回は、約6,500Yだったが、2打では届かない場面も多いので、もっとUTを上手く使っていかないといけないと思う。
2UTはMCH70(S)にリシャフトしているのが、、3UT、4UTはオリジナルでやや軽い感じ。風などにも少し弱い印象。
なので重さや感覚を合わせるためにも、リシャフトを考えなければいけないかもしれない

そしてアプローチの突っ込み不足。
今回のラウンドでは、数えただけでも8回はある。2PTのところを1PTで済ませられるなら、これは大きな改善なはず。
SWならピンの根元を狙い、PWや9鉄の転がしはもっと突っ込まないと・・・。
これは前回ラウンドも、そしてその前からも・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する