フォーティーンHK-2を打ってみる・・・

現在使っているロマロバークパタータイプ2はバランスE4.5のマレット。
ずっとフェイスバランスだと思っていたが、HK-2と比較してみたら、トゥヒール気味だったことが判明。
鉛をかなり貼っているから重心がずれたかも・・・。
HK-2もフェイスバランスではなく、トゥヒール気味。バランスはD6だが、鉛をソールに4g貼ったので、もう少しバランスが重くなったはず。
ロマロとHK2のバランス
トゥヒールバランスのパターは感覚派向きと言われている。
自分は明らかに感覚派。しかし。これまでパターはフェイスバランスばかり。
ただ、ピン型は全くしっくりとこないのも事実。
今回、HK-2を選んでみたが、このぐらいが意外に合うかもしれない

さて、実際にHK-2を特設パター練習場で打ってみた。
ボールはプロV1(2013)。
練習HK-2の1⇚クリックでYouTubeへ

少しインパクトを拡大して・・・
練習HK-2の2⇚クリックでYouTubeへ

インパクトに焦点を合わせて・・・
練習HK-2の3⇚クリックでYouTubeへ

打ってみて、直進性が優れているように感じた。
また転がりもかなり良い感じ。
削り出しの感触もある。
ただ、いろいろと打っていてわかったのが、シャフトの傾き通りにわずかにハンドファースト気味に構えて打つと伸びの球が出ることに気付く
アドレスの位置を覚えておくために目線から写したら・・・。
HK2の構え

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2015/03/13 ] 武器 | CM(1)

良い感じですね♪
ラウンド楽しみです(^ー^)
[ 2015/03/14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する