EPONの新SW、210KGXが完成・・・練習で試打

天気が穏やかだったので、また風邪も何とか収まりかけたので、見舞いを済ませてから、工房さんで注文していたEPON210KGX(56度)を受け取り、そのまま練習へ。
持っていったのは、210KGX、8鉄、6鉄、2UT。
まずはシュリンクがついたままのEPON210KGX。
ソールから見ても、なかなかいい顔
リーディングエッジとトレーリングエッジの削りがわかる。
210KGXシュリンプ

まずは軽くSWの試し打ちから。
210KGXの3⇚クリックでYouTubeへ

そしてロブやバンカー(イメージ)も組み合わせて。
打感が非常に柔らかく、最初から手に馴染む感覚
210KGXの1⇚クリックでYouTubeへ

ちなみにスローも・・・。
210KGXの2⇚クリックでYouTubeへ

改めて見ると、ソールのヒール側も削られている。またトレーリングエッジの削りも・・・。
210KGX-B210KGX-C

歯はあまり出ていないが、よく球を拾う。
210KGX-A

208KGX(右)との比較。やはりソールなどの削りが変わっており、抜けが良くなっているのだろう。
210KGX再撮影208KGX

砂でのバンカーショットだけが出来ないので、それだけが不安かもしれないが、バウンスは14度あり(実際はその感覚は無いが・・・)、自分のモノにしていきたい。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2015/02/08 ] 練習 | CM(2)

うまく入った時の音がなんとも心地良いですね。
手の感触もさぞかしでしょう!
[ 2015/02/10 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

はるるさん、
どうも有難うございます。
感触は最高です!
[ 2015/02/11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する