ブログ「アンサーフリーク」からの参考となる言葉・・・


皆さんご存知の有名ブログ『ANSERFREAK』
この中で、最近「」と強く感じた文章。

『要は 「自分がヘッドをコントロールできるスピードを超えて打ったらボールはつかまらない」 ということです。ハンドファーストに当たってしまえば、ヘッドスピードも上がらないので、リキんで打つほど振っているわりに飛ばない...。逆に力を抜いてインパクトにヘッドが間に合ってヘッドが走ればヘッドスピードも上がります。インパクトでハンドファーストにならない、そこに間に合えば振れば振るほどボールは飛ぶと思いますが、それを制御できなければ振る意味がないということです。わかっているけどなかなかできないんですけどね...。プロはすごく振って飛ばすように見えるからやっぱり振りたくなりますよね。その気持ちを抑えて打てるようになったらゴルフが変わるかもしれません。』

読んでいて、凄く納得してしまう内容だと思った。
いくら力んでも、自分がコントロール出来るスピードで振らないと、無駄に振るだけで飛ばない、ということだと思う。
女子プロの飛距離を考えると、これは十分納得出来ることだと思うのである。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2014/12/22 ] 雑感 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する