ボーケイ TVD-R WEDGE C-C・・・ロフトとバウンスの組み合わせ

「ボーケイ TVD-R C-C」はカチンカチンの「氷のグリーン」でも、想像以上に跳ねずにグリーン内に留まった。
これにはロブを打った本人も少し驚いた。
思い切りフェイスを開いたロブではなく、少しだけ開いたロブでの結果だったからだ。

SM5やSM4、またキャロウェイのマックダディ2でも、ロフト56度、バウンス12度で開いても歯が浮かないウェッジ(ソール形状)は、これだけ多数のバリエーションがあっても、意外に無いように思う。
バウンス10度ではバンカーにやや不安が残るし、バウンス14度ではアプローチでのソールの跳ねにやや不安が残る。

ボーケイ・ウェッジのロフトとバウンスの組み合わせで、顔の良さ、ソール、ロフト56度、バウンス12度が上手く組み合わさっているのが、自分にとってはこの「ボーケイ TVD-R C-C」。

TVD-R C-Cの6TVD-R C-Cの3

この時期にやっと出会えたウェッジ。
雪が無くなって、乾いた芝から打ってみたいものだ・・・。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2014/12/14 ] 武器 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する