UTの名器・・・過去の安定を求めて?それとも懐古趣味?

自分のブログを読み直していたら、フォーティーンUT-306が馴染んでいたことを思い出した。

もう今は中古の在庫しかないが、試しに21度をポチッ
まず気付くのは、ヘッドの座りの良さ。
スペックは、ロフト21度、40インチ、硬さS、シャフト重さ65g、トルク3.6、中調子、バランスD1。
UT-306の1UT-306の2
UT-306の3

ワッグルすると、いい撓り感。ただ重さ65gでBASSARA(R)とあまり変わらない感触なので、
ちょっと軽いかもしれない。
別件で工房さんとも話したが、MCI-70Sを挿してもいいかもしれない。
MCHも良さそうだが、価格的にはちょっと高く、さすがにMCHはもったいない。
工房さんはMCHはハイブリッド専用シャフトだが、MCIより少し柔らかめとのこと。
リョーマの試打ユーティリティがあって、それにはMCH-80Sが挿してあったが、ワッグルすると確かに少し柔らかめ
の印象。

今までユーティリティはアイアン(エポンAF-503)と同じようにNSPRO950GH(R)を挿していたが、
全く違和感は無く、非常に良かった。
ということは、カーボンでもアイアンシャフトで良いのでは?と思うので、工房さんに聞いてみたら、MCI-80SよりもMCI70Sぐらいが良いのでは?とのアドバイス。

ただ実際にやるかどうかは別問題。
まずはこのUT-306の実戦での感触を確かめてから・・・。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2014/11/07 ] 武器 | CM(2)

この時期武器購入・・・さすが
[ 2014/11/07 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

しょぼさん、
いつもどうも有難うございます。恐れ入ります。
申し訳ありません。v-435

[ 2014/11/07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する