バウンス小さめのSW・・・クリーブランド588RTXに再挑戦

ペケレの3番、ワッカの6番、ワッカの9番で顕著だったバウンスの跳ね。
カーボンにリシャフトして、グリーン近くまでは順調になりつつあるが、
それより先がせっかくのポジションにあっても進まないという耐えられないジレンマを逃れるために、行動を起こしたのが、
クリーブランド588RTXの56度バウンス10度の『ポチ』。
今回のシャフトはDG。
このモデルは10月10日に新モデルが出るので、大幅に値下がりしている。
新モデルはバウンス12度という中庸なモデルがあり、魅力的だが、価格は下がらない。
また、バンカーはコツを「少し」つかんだので、10度でアプローチの失敗を少なくすることを優先した。

588RTXバウンス10の1588RTXバウンス10の2
588RTXバウンス10の3588RTXバウンス10の4
左が588RTX、右がマックダディ2(バウンス14度)。

上が588RTX、下がマックダディ2。
588RTX正面バウンス588RTX横バウンス
マックダディ2正面バウンスマックダディ2横バウンス

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2014/10/08 ] 武器 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する