アイアンのリシャフトか・・・

BASSARAに替える?

以前にアイアン(SYB BM-500)のシャフトとして、BASSARA(R)を使っていたが、粘り系で方向性も飛距離も満足していた記憶がある。
もう少し楽に飛距離を得たいという気持ちが潜在的にある今、このアイアンの感覚が思い出される。

家人(元自分)、そして自分のアイアンのスペック(7鉄)は以下の通り。
 BALDO FORGED CM IRON (MCI-80)・・・カーボン
  ロフト:30.0 長さ:37.0インチ  ライ角:61.5 硬さ:S バランス:D1.5 調子:中 トルク:2.5~2.9 重さ:406g
EPON GOLF EPON AF-503 (N.S.PRO950GH)・・・軽量スチール
  ロフト:31.0 長さ:36.75インチ ライ角:62.0 硬さ:R バランス:D1 調子:中 トルク:1.8 重さ:419g

工房さんから借りてきたEPON AF-503(BASSARA60)の重さは395g。
ただ、今のアイアンと比べると、24gも違うのはちょっと不安・・・。
長さは恐らく37.0インチだと思われる。
このBASSARAは、今のモデルで、以前に使っていたものとは違うが、ほとんど変わりはないとのこと。
BASSARAi60のRの重さは62~64g、トルクは2.8~3.5、中調子。

次のラウンドで試打してみたい。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2014/09/17 ] 武器 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する