今年第25戦滝川丸加高原カントリークラブでのラウンド・・・急遽参戦

或ることが一段落し、スランプ脱出のために手をこまねいていても仕方ないと背中を押され、急遽ラウンドを決めた。
お盆に、体調不良からの復活を目指して見事に打ち砕かれた滝川丸加高原カントリークラブのリベンジにした。
ここはもう一度やってみたいと思わせたコース。
前回は、お盆の突然ラウンドで、クラブハウスも入れなかったが、今回は普通に使えた。
一言で、非常にきれい

滝川丸加エントランスロビー滝川丸加ロッカー
滝川丸加風呂

ラウンドは前回と同じように、インスタート。

◆10番329Y PAR4 (2)
  お試しでボールはXXIO XD AEROを使ってみた。
  XXIO XD AERO
  打感はXXIO LXよりほんの少し硬め。でも何となくLXより少しだけ飛んでいるようだ。
  といっても、前回ラウンドは体調不良直後だったので、ボールに力が伝わらない状態だったので、
  あまり参考にならないが・・・。
  DR左ラフ、残155Y➡5鉄で上6m2オン➡2PT、パー
  滝川10

◆11番363Y PAR4 (1) 
  DRはFW、残175➡3UTで右ラフ窪み➡SWで下7m➡1PT、パー
  SWはキャロウェイ・マックダディ2(56度Cグラインドソール)
  シャフトがM10DBの時は総重量も少し軽く(450g台)バランスもD3だったが、DGのS200なので、
  477gのD5。
  この重さ感覚が良いのかもしれない。
  また、パットも好調。
  滝川11

◆12番297Y PAR4 5(3) FW
  DRはFW、残80Y➡PWで手前4m➡惜しい3PT、ボギー
  好調だと思ったパットだが、グリーンの読みを微妙に誤る
  滝川12

◆13番148Y PAR3 (1)
  3UTで手前バンカーの前ラフ➡SWロブで2m右奥オン➡1PT、パー
  SWのロブがきれいに決まり、パットも決める。
  滝川13

◆14番383Y PAR4 5(1) OB
滝川丸加イン14番
  DRは右へOB➡プレ4から135Y、8鉄で上2.5mにオン➡1PTで決める
  前回もここはOB。ティーグランドが左下がり前上がりなので、何となく身体で感じ取ってしまっているようだ。
  そんなに狭いFWではないのだが・・・。鬼門だ
  でも、OBでもボギーで抑えられてホッとする。
  滝川14

◆15番490Y PAR5 (1) B
  DRは正面バンカー➡5鉄で出してFW➡3WでFW右、残50Y➡SWで上1m➡1PT、パー
  ここのSWの寄せもピッタリ
  滝川15

◆16番372Y PAR4 5(2)
  DRは右ラフ➡上りを3WでG左ラフ➡SWでロブ、上3mにオン➡スライスラインを惜しくも外し2PT、ボギー。
  滝川16

◆17番144Y PAR3 4(3)
  8鉄、2段グリーン下の段の右端にオン➡上りスネークラインを3PT 
  滝川17

◆18番500Y PAR5 7(2)
  DRは右にシャンク気味でラフ➡3UTでFW➡3WでFW花道、残50Y➡SWがバンカー先のアゴへ➡SWで
  3.5mにオン➡2PT
  4打目のSWでギリギリグリーンオンを狙い過ぎた。前回はSWがトップして「10」。ここもリベンジ成功。
  滝川18

前回は、インコースはやや狭く感じたが、今回はあまりそれを感じなかった。
前半は16PTの42。18PTの51に比べて、かなりの改善。
相変わらずグリーンは手入れされていた。

後半アウトへ。
◆1番485Y PAR5 7(1) FW B
  ここはまたボールをXD AEROへ。
  DRが飛び旗越えギリギリFW右➡FWとラフの境目の芝に邪魔され、3Wがトップ気味でFW➡
  2UTは右バンカー手前ラフ➡  SWでバンカー越えロブがバンカーへ➡SWでバンカー出すだけのカラー➡
  外からパター➡1PT
  バンカー越えのロブはやや思い切りが悪く、バン入。やはり思い切りが必要。
  滝川1

◆2番403Y PAR4 6(2)
  ボールをXXIO LXに戻す。
  DRはフックしたが斜面から落ちて左ラフ➡3Wで花道FW➡PWがトップ、Gに乗らず➡PTで上にオン➡2PT
  滝川2

◆3番488Y PAR5 (2)
  DRはバンカー越え左ラフ➡3Wを少し短くも持ちFW、残120Y➡9鉄で下の段にオン➡2PT、パー
  オンしたところが下の段でカップ左下。2ndPT2mをよくねじ込んだ。
  滝川3

◆4番180Y PAR3 6(1) OB
  5鉄のフェイスが開き右OB➡5鉄で花道➡PWでカラー➡外からパターでピンに当たる➡1PT
  なぜかOB前回のように4UTで「あのへ~ん」的にグリーンを狙えば良かったか・・・
  滝川4

◆5番321Y PAR4 6(2) FW B
  DRはFW。残155Y➡5鉄でG前バンカー➡SWでラフ➡PWで1.5mに寄せる➡外して2PT、ダボ
  滝川5

◆6番168Y PAR3 4(2)
  3UTで花道➡PWでオン、4m➡2PT
  寄せが突っ込めなかった。やはり砲台グリーンではこれが多い
  滝川6

◆7番375Y PAR4 5(2) FW
  DRは旗越え、飛んだ、残150Y➡5鉄で花道、砲台グリーンなのでわずかに届かず➡PWで突っ込み不足、
  5m前にオン➡2PT、ボギー
  またまた砲台グリーンでの突っ込み不足
  滝川7

◆8番397Y PAR4 5(2)
  DR右ラフ➡3Wで左ラフ、残50Y➡SWで上左3mオン➡惜しくも2PT、ボギー
  SWの50Y程度の距離感は合っているようだ。
  滝川8

◆9番378Y PAR4 6(2)
  DRは旗越えFW➡2UTの当たりが悪く、左バンカー手前ラフ➡30YをSWでショート➡SWで下6mにオン
  ➡2PT、素ダボ
  30Yをショート、その次も上の段まで届かなかったSW、最終ホールで突っ込みの甘さが露呈
  滝川9

後半は16PTの50。最近、ハーフでの50が多い
前回は、後半アウトは17PTの46。
前半インでのリベンジで、力を使い果たしたか・・・(笑)
それともすっかり安心してしまったか・・・

トータル32PTの92。
前半の調子では、このまま80台復活かと思うほどの勢いだったが、前半上がり3ホールで陰りが・・・。
そしてそのままスルーでアウト1番での調子に乗り過ぎたSWのロブショットからケチがついた感じ
しかし、もちろん安心は出来ないが、DRも飛びが戻ってきたようだし、復調が見えてきたようだ
SWも感覚は合っているようなので、当面はマックダディ2をエースウェッジとしたい。

課題は「寄せ」。突っ込みが弱く、中途半端なパットを残してしまっている。
もっと狙える距離まで突っ込めば、もう少しスコアも改善するはず。
特にSWの寄せはショートするケースが多いので、もう少し強めに打つ、またはロフトを立てるようにしないと・・・。

【今日のデータ】
パーオン率:22.2% パーセーブ率:27.8% ボギーオン率:61.1% ボギーセーブ率:66.7%
FWキープ率:42.9% 平均パット数:1.7778 パー数:5

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する