最近のDR飛距離・・・景色の違い

トップで止めるくらいの意識を持って振るようになって、ドライバーが飛んでいる。
2打目の景色が明らかに違うのだ。

ワッカ2番。
黒線が従来の飛距離。青が現在。
2打目は打ち下ろしでグリーンが見えるところ近くまで飛んでいた。
ワッカ2番コース

ワッカ6番。
2打目は、UTではなくアイアンで打てる距離になっていた。
ワッカ6番コース

マオイ4番。
残りが9番またはPWの距離になった。
マオイ4番コース

マオイ8番。
グリーンが見える位置まで行っていた。これまでは刻む可能性が大きかったが・・・。
マオイ8番コース

伊達山2番。
2打目の3Wも飛ぶようになったので、3打目がPWかSWの距離となった。
伊達山2番コース

だからといっても、スコアに直結していないのが情けない
「おー、飛んでいる!」の次がしっかり打てていないケースが多い
パーを取れたのがワッカ6番、マオイ4番ぐらい。

今後は飛距離をスコアに結び付けることが喫緊の課題・・・。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2014/08/10 ] 雑感 | CM(2)

トップが深いと戻すのにパワーを使ってしまうと聞いたことがありますが、
その状態がなくなったということですかね。
このタイミングに慣れたら全番手飛距離がUPして、方向性も安定しそうですね。

年齢が高くなってきてるのに飛距離UPって最高ですね。
[ 2014/08/12 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

JUN2さん、
いつもどうも有難うございます。

[ 2014/08/13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する