テイクバックの上がる位置の変化・・・

肘引きテイクバック外上げテイクバック
肘引き2外上げ2
肘引き3外上げ3

左が昨年まで。右はこのシーズンオフで気付き、現在に至る。
昨年まではテイクバックでの「肘後ろ引き」(特に2枚目)。
しかし、シーズンオフで修正して、身体の全面のプレーンの内側で振っており、これが「縦振り」になり、ドロー回転が少なくなり、アイアンもより真っ直ぐに飛んでいる。
以前より上から打ち込めているのかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2014/07/07 ] 分析 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する