やはりSWはバウンスが大事か・・・

匠ウェッジはスピンが掛かって止まるが、バンカーからの脱出はかなり神経を使って打つように思う。
それに比べて、MP-R12は出すだけなら概ね出せるような感覚がある。

これはやはりバウンスの違いだろうか・・・。
匠は11度、MPは13度。
わずかな違いのように思えるが、実際に打つと、その差は大きいように感じる。
隨縁では4回バンカーに入ったが、概ね脱出している。またGオンもしている。
北海道リンクスでは1回も入れなかったが、アプローチではSW(MP)を多用した。
そしてピンそばへの寄せで結果も出している。

ややバウンスのあるウェッジを中心に使うべきなのだろう。


関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2014/05/26 ] 武器 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する