テイクバックからトップの変化・・・

以前のスイングとのテイクバックからトップの変化を比較した。
左が従前、右が現在の修正中。
トップでの肘の高さが違う。この高さからのクラブの落下で飛距離や球の捕まりにも影響が出ているようだ。
前傾も深くなっている。

修正前テイクバック1修正後テイクバック1
修正前テイクバック2修正後テイクバック2

しかし、その後が気になる。
トップはこの後、右肩が飛球線方向に向かい過ぎて、オーバースイングになってしまい(手首をゆるゆるにする意識が強すぎ?)低くなってしまい、ややループしてダウンしてくるのだ。
もっとトップは大きくなくてよい気がする(上の部分で止まれば良い?)
修正後テイクバック悪い点?


関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2014/03/15 ] 分析 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する