腰椎や脊椎に優しいゴルフを考えて・・・医師の言葉から

『スポーツ王国ぎふ』の木田 公洋(長良整形外科病院)先生の引用から。

ゴルフは中高年向きの体にやさしいスポーツという感があります。しかし、そんなイメージとは裏腹に無理なスイングによる頚部、胸部、骨盤部などいわゆる体幹部の障害が多くみられます。
 ゴルフは左右非対称な動作の繰り返しでテークバックからフィニッシュまで、脊椎(背骨)や骨盤は、しなったり、ねじられて結果として約180度以上回って見えます。
 回転軸となる脊椎は、頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個などにより成り立っています。それぞれの回転角度は頚椎が約50度、胸椎が約35度、腰椎は意外と思われるでしょうが約5度しか回転できません。腰部の障害は5度しか回転しない腰椎を主たる回転物と考え、股関節を固定させて無理に回そうと繰り返し努力した結果起こる事が多いのです。前述したように胸椎、腰椎合わせても40度しか回転できません。あとの50度は股関節が回転するのです。いわゆる腰を回すというのは骨盤を含めた体幹を回しているのです。
 股関節を回す場合、回転軸が2つあってはスムーズな回転ができず、腰部、骨盤部の筋肉群に無理な負担がかかります。体重移動を行い、回転軸となる股関節を一つにする事によりスムーズな回転が得られます。その結果、腰部、仙腸関節、恥骨結合部などの障害の予防につながります。
 打球動作の特徴として、ボールをしっかり見つめた動作であるため頚椎はほとんど回転しません。しかし、その直下の胸椎は強く早く繰り返し回転します。そのため第七頚椎と第一胸椎の間にストレス発生し、頚椎部痛や項部痛、ときには第七頚椎棘突起の疲労骨折をきたす事もあります
 どこを回転軸とイメージしてスイングをするかが、大切な問題です。脊椎を回転軸だとイメージするとスムースな回転が得られます。それに対し、体幹の中心を回転軸だとイメージした場合、脊椎に働くいろいろな筋肉や半棘筋などが胸廓や腰背部に“ひずみ”を作るように作用し肋骨の疲労骨折や腰背部痛の原因となります
 解決策としては準備体操、整理体操、ストレッチングなどはもちろん、体幹や下肢の基礎体力作りを打球練習と同じくらい重要視して下さい。また、脊椎や股関節の運動機能を十分理解した上で無理のないリズミカルでゆったりとしたスイングを身につける事が大切です。


また、仙台の佐々木整形外科麻酔科クリニックの佐々木先生(週刊パーゴルフではコアラ先生)の引用から。

●ゴルフスイングの基本的な考え方
1・ゴルフスイング中は、体の脊柱と骨盤、そして下肢は回転運動を行う。一方、上肢、すなわち肩関節から上腕、前腕および手は上下運動をするというのが基本となります。
2・回転運動と上下運動という、異なる二つの運動の組み合わせがむずかしい。しかし、これがゴルフの基本的な動きであることを認識するのが重要ですよ。

●骨盤ショットのすすめ~腰椎の負担を少なくするために~
1・前述のように、スイングでは脊柱と骨盤を連動させるよう心がけるのが大切です。そして、そのためには玩具のコマの回転をイメージしながらスイングするといい結果が得られるでしょう。コマの軸が脊柱と下肢で、その周辺が骨盤と考えればいい。また、そのスイングのためには、下肢の動きがとても重要です。股関節、膝関節および足関節を大胆に使うことも必要となってきます。
○膝関節
1・テイクバックからトップでは、左膝を右膝の方向に近づけます。トップでは右膝関節を伸ばして、しっかりと体重を受けます。
2・インパクトからフィニッシュでは、右膝を左膝方向に近づけ、接触するくらいに心がけてください。フィニッシュでは、左膝関節は伸ばされて体重は完全に移動され、右膝関節は当然伸ばされた状態になっています。
○足関節
1・テイクバックからトップでは、左足をヒールアップさせ、体重は右足の第一第二趾で支えます。
2・インパクトからフィニッシュでは、右足をヒールアップさせ、底部は飛行線の後方を完全に向くようにします。
○骨盤角度
1・アドレスからトップでは、骨盤と脊柱の回転をできるだけ同じくするため、骨盤は右回転45度くらいにします。
2・トップからフィニッシュでは、骨盤はアドレスの状態から左回転90度くらいまでとします。

●ゴルフ格言否定のすすめ
「ボールをよく見て頭を残す」の否定
 骨盤ショットでは、頭を残さずにボールをよく見ないのも重要です。ボールを見ないで、頭を残す必要がないことは、全盲者のゴルファーがいることからも明らかです。格言通りの「ボールをよく見て、頭を残す」ということは、頸椎に負担がかかり過ぎるため、あまり勧められません。
 また、ボールを見ないことは、アドレスからトップにかけての左肩方向への移動が充分にできます。さらにフィニッシュでは右肩関節の左への移動がスムースに、かつ充分に可能になるという利点もあるのです。

「右手は使わずに左手でクラブを振る」の否定
 アドレスからトップの途中で、手の位置が腰の高さまで来た時に、右手関節が最大伸展位(背屈)をとることがポイント。そして、手の位置が腰の高さまで来た時に、クラブフェイスは自然に体の正面を向くようにしましょう。フェイス面の向きをチェックすることが大切です。
 ダウンスイングからインパクト、そしてフィニッシュでは、背屈した右手関節を今度は中間位、そして屈曲(掌屈)運動をします。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2014/03/02 ] 参考 | CM(2)

前傾して、テークバックしていくと、(右に流れない限り)股関節がロックするところがありますね。あのタイミングから先は、それ以上背骨をねじるのは終わりで、肩甲骨が背中を惰性ですべっていくことで、アドレスから90度の肩回転を完成するのですね。背骨をねじって90度肩を回すのは不可能ですね。
[ 2014/03/03 09:43 ] [ 編集 ]

Re: 抜けましたね!!!

キューピーさん(マヨネーズさん)、
いつもどうも有難うございます。
[ 2014/03/03 22:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する