スタンスを狭くして打つ・・・

はるるさんから「足を揃えたスイングが一番スムーズに見える」との書き込み。
スイングを矯正するために自分では自然とこれをやるのだが、発想を逆転させて、スタンスの狭いフォームにしたらどうなるか、との思いつきで練習してみた。

コラソンへ持って行ったのは、27度UT、7鉄、PW。

まずはPWでやってみた。
完全に足を揃えて打ってみたが、やはり土台が不安定になるので、「適当な狭さ」をいろいろと模索してみた。
          PW狭スタンス←YouTubeへ

そして7鉄。
   7鉄狭スタンス正面←YouTubeへ  7鉄狭スタンス後方←YouTubeへ

          7鉄狭スタンス右後方←YouTubeへ

やはり予想通り、球のつかまりが一定のように感じた。
また、前傾を維持することによって、フォローでの腕の通り道が出来るので、あまり棒立ち過ぎてもいけない。

そして気付いたのは、シューズの高さ。
これは認識しているので、いつもナイキのスパイクレスを履いているが、今回は最初はゲルエース・プロ2を履いたが、やはりソフトスパイクの高さ分が違和感となった(またやや滑り気味)。
狭いスタンスのポスチャーで打つと、余計にそれを感じるのだ。
ということで、後半からはいつも通り、ナイキのスパイクレスに履き替えた。

今後の課題は、「適当なスタンス幅」を見つけることになりそうだ。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2014/02/16 ] 練習 | CM(1)

練習が出来て羨ましいです(涙)。

狭いスタンス、イイですね。
切り返しのタイミングしか見ていませんが(汗)。
[ 2014/02/16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する