今年第33戦(実質第28戦)グレート札幌カントリー倶楽部でのラウンド・・・何と6時間半のラウンド!

そろそろシーズン終わりが近づく中で、プライベートラウンドをグレート札幌で。
10:00スタートという珍しいスタート時間だが、この時期は気温が上がってからのスタートでかえって良かったかも。ただ、結果としてそれが裏目に・・・。

グレート札幌は記録を見ると、2010年6月以来で、何と約3年ぶり。
前回がここのベストで、90だった。

晴れて風も無く、この時期では絶好の日和。

しかし、進行が異常に遅く、10時スタートで前半終了が13時。
後半スタートまで5組待って、スタートが13:30。
そして終わったのが16:30。
前後半、それぞれ3時間も掛かっていた

なんと6時間半のラウンド!

この時期の16:30の山の中は日陰は気温が下がり、暗い。
スタートが10時で暖かかったのは良かったが、終わる頃はカートだがクタクタで、早く帰りたいと思うだけ

アウトスタート。
◆1番501Y PAR5 (1)
G札幌#1
 スタート1番は、3オンはしなかったが、SWのロブ気味の球で手前1.5mにつけてパー
 
◆2番353Y PAR4 7(3)
G札幌#2G札幌#2-2 
 DRは左ラフ、5鉄で残165Yを花道まで運んだが、9鉄転がしがトップしてGオーバー。
 グリーンが非常に速くて3PT。

◆3番364Y PAR4 7(2)
 Gそばまで2打で運んだが、SWをダフったり、トップしたりで、またまたトリプル。
 やはりSWが450gを切る重さは軽すぎるか・・・。 手打ちになっている感じがしている。

◆4番150Y PAR3 (1)
 G札幌#4動画←YouTubeへ
 前のホールでかなり打っているにもかかわらず、詰まって順番待ち。
 6鉄打ち下ろしでカラーから9鉄で転がし、50cmにつけ、OKパー
 
◆5番389Y PAR4 8(3) OB
 ティーグラウンドが通常と違っていたようで、左の木に当たった後、落ち葉でわからずOB。
 久しぶりのOB、痛い

◆6番447Y PAR4 5(2) FW
G札幌#6
 超打ち下ろしの1打目はFWセンター。飛んでいた。2打目の3Wは右ラフ。でも日陰は下がグチャグチャで、何とかSWで
 5mに乗せる。1stパットを惜しくも外し、ボギー。

◆7番145Y PAR3 4(2)
 6鉄でG前カラーからパターで打ったが強過ぎて、ボギー。

◆8番342Y PAR4 (1) FW
 PWで3打目を3mにつけ、これを入れてパー。

◆9番552Y PAR5 7(2) FW
 ずっと上りの前半最後。4打目のSWをダフり、ダボ。やはりSWが軽いか・・・

前半は17PTの50。やっちゃった・・・
スルーなのだが、30分空いてインへ。
ここで、少し気になっていたタイトリストのプレステージを買って投入。
タイト・プレステージ

◆10番370Y PAR4 5(2)
 ここでも3打目のG前のSWがトップして、上8mに乗ってしまったが、2PTで乗り切る。

◆11番431Y PAR4 7(2)
 「ここは後半のスタート待ち?」と思うほど、大渋滞が発生 体がやや冷える。
 左斜面から下に落ちたラッキーを生かせず、3度目のトリプル

◆12番562Y PAR5 (2) FW
G札幌#12ティーG札幌12番3オン 
 ここも渋滞ほどではなかったが、先が見えないロングなので、相当な待ち時間。後半3ホール目ですでに1時間経っている
 もうリズムが完全に断ち切られる。
 しかし3オンして2PTのパー「リズムが・・・」といいながら何だかもうわからなくなった
 
◆13番128Y PAR3 7(2) B
 完全に逆光の短いショート。8鉄で打った球がどこに行ったか全く見えず、やっと左バンカーに入ったことが判明。ここでも
 SWの軽さで手打ち気味の早打ちに・・・

◆14番350Y PAR4 5(2) FW
 FWキープの後の2打目、4UTの当たりがイマイチ、そしてPWでの寄せも顔がボールに行ってしまい乗っただけ。

◆15番358Y PAR4 6(2) FW
 右斜面に跳ねてFWキープした幸運を生かせず、2打目の5鉄を大ダフリ。ダボ UTで「あのへ~ん」で打てば、最低で
 もボギーだったはず。

◆16番528Y PAR5 6(1) FW
 3打目で久しぶりにRBZのUT(22度)を使った。練習場と違い、どうも打感が悪い。でもまあまあの結果が出てグリーン
 すぐそばまで行っている。でもこのロングも4打目のG前SWがダルマ落とし的になり乗らず。やはり軽いのか・・・。
 
◆17番160Y PAR3 4(3)
G札幌#17逆光
 ここも完全逆光のショート。ピンフラッグもどこにあるかわからないほど。
 5鉄で方向と距離だけを信じて打ったが、感触は非常に良かった。しかし結局どこに行ったかわからず、後ろの組の声で右バ
 ンカー方向に歩いて行ったら、同伴者から「乗っているよ~」の声(笑)
 ピン左前5mのバーディーチャンス。しかし速さに翻弄され、3PTのボギー

◆18番335Y PAR4 6(2) FW
G札幌#18
 ずっと上りで砲台グリーンの最終ホール。2打目の残155Yを3UTで打ったほど。
 3打目のSWも、またまた早打ちでトップしてグリーンオーバー

後半は18PTの51。待ちが多過ぎて、6時間半もラウンドしていると、さすがに集中力が切れたかもしれない。トータル35PTの101。シーズン終盤で100超え食事もとらず、風呂も入らずに、すぐにゴルフ場を後にした

関連記事
スポンサーサイト

見晴らしも良くて綺麗なコースですね。
ネットでクチコミを拝見したら、同じく6時間という文字がよく出ていました。
きっとコスパがいいコースなんでしょうね。
これだけ待ちが多いと、スループレーの良さも生かせない気がします。
奥さんのプレー状況も知りたいな~なんて思いました。

[ 2013/10/21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する