今年第32戦(実質第28戦)廣済堂札幌カントリー倶楽部トムソンコースでのラウンド・・・NO CONTEST

トムソン14番インからのスタートして、一応はアウトの最後まで回った。

でも、敢えて今日のラウンドはNO COMTESTとしたい。
なぜならば、アウトに入って、

グリーンの芝が無かった

ショートホールはなぜか生えていたが、他は砂と穴。
エアレーションならまだわかるが、砂で固めた上に、大きめの穴がところどころに
ボツボツと・・・。

アプローチの止まり方、パターの転がり・・・。

全く違うのである

全てのホールの記録はつけたが、これが意味あるのか非常に疑問。
もちろん、当然前半のインコースは記録となるだろうが・・・。

ちなみに、インは16PTの47。
後半のアウトは22PTの51。

久しぶりに納得のいかないラウンドだった

関連記事
スポンサーサイト

砂漠のゴルフ場は一面砂で、ボールが落ちたところにマットを敷いて打つってきいたことあるけど、芝が無いグリーンってどういうことなんでしょう?!
[ 2013/10/06 18:58 ] [ 編集 ]

tomoさん、
どうも有難うございます。
芝を全部剥がして、砂状態で固めたような状態でした。
エアレーションの穴状態とも違っていました。
[ 2013/10/09 12:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する