新SWクリーブランド588RTXを打ちに・・・エースSWに昇格か?

まず、「顔」比較。左が588RTX、右がDB GRIND。顔の長さはわずかに588RTXが長い。
588 RTX SWDB GRIND SW

そしてニューまこで初打ち。


今までのクリーブランドのイメージ(実際にも)は、『フェイスを開くと刃が浮く』。
しかし、この588RTXは違う
開き易いし、刃があまり浮かないし、ロブも打ち易い。
打感も柔らかい。
そして練習場のボールでもスピンが掛かっている
久しぶりに満足のいく武器に出会えたのかも・・・
また、鉛を貼って、全体の重さを調整したのも正解だったようだ。
そもそものバランスがD4。
なのでヘッドが効いていて、全体に重く感じるが、総重量は450g半ば。
これまでは460g台中心だったが、D4のせいか、数値よりは重く感じる。
エースSWになり得る資格十分
明日のラウンドが正念場。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2013/09/06 ] 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する