試打の際に、スイングレッスンを受ける・・・目からウロコ

H氏の5鉄スイングと、自分の6鉄スイングのスライドショーで比較。
そして、コマを並べて比較。

H氏アイアン・スライドショー←YouTubeへ  MY6鉄・スライドショー←YouTubeへ

H-1K-1
H-2K-2
H-3K-3
H-4K-4
H-5K-5
H-6K-6
H-7K-7
H-8K-8

カメラの位置が違うので何とも言えないが、、やはりテイクバックの最初は飛球線より内側に上がっている感じ。手で内側に引き過ぎ。上体が回り過ぎのようだ。
インパクトまでは何とか前傾は維持しているが、アニカ・ソレンスタムのように、フォローで体も飛球線方向に向いている感じ。この点の良し悪しは難しいところ。

H氏の言葉で大きなヒントを得たのは2つ。
2つとも目からウロコ

テイクバックでインサイドに引き過ぎている、それも手で引いている。体の正面にクラブが無い。もっとボールを上から見る意識を強めれば、自然と飛球線上をテイクバックの腕が上がるはず。

ボールを叩いてはいけない。インパクト以降のフォローが速く振り過ぎ。背中に強く当たるほど速く振る必要は無い。運ぶようなイメージで。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2013/09/01 ] 練習 | CM(1)

生Hさんを見たいです!!。
ダウンスイングに入ると、ハーフフォローまでは回転軸が動かないですね。
安定感はそこかな~。
[ 2013/09/01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する