前回ラウンドを振り返って・・・

DRで納得できたスイングは9番。2
ティーグラウンドから見える右の木とバンカーを越えて飛んだボールは、FW左、残り110Yまで行った。
ただ、2打目をPWで強く打ったのが失敗。9鉄で軽めか、短く握って打てば、という選択ミスが悔やまれる。
エルム9番

コースメネジメントとして納得できたのは、11番の2打目。DRはFWをギリギリ外れたが、ラフが深くその上逆目。
ここを無理せず5鉄でFWに出したのが正解。無理してG前のバンカーに捕まったら、ボギーでは収まらなかったかも。
3打目のSWがやや強すぎたのは誤算だが、それでもボギーで抑えたのは収穫だと思う。

結果として残念だったのは「クルリン」。
5番と12番、どちらもボギーだったが、入れようという気が強過ぎてパットがちょっと強かった・・・

噴火と3パット(1回だけ)を抑えられれば、スコアが安定するということを象徴したようなラウンドだった。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2013/06/22 ] 雑感 | CM(2)

ふつう、クルリンでなくて、クルリンパというと思います(爆)。

ダボを普通、ダボチンというがごとし。
[ 2013/06/23 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

syoballさん、
どうも有り難うございます。
[ 2013/06/23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する