アドレスについて考える・・・

いつもランキング上位のブログ「ヤス&ヤスのピースフル・ゴルフ!」の記事から、アドレスについてのヒントを得た。
アドレス見本
ブログから要旨を抜き出せば、以下の3点。
1、膝下・・・膝下は極力、地面と垂直に。
2、背筋・・・腰のあたり、ここに緊張感を持たせて。
3、両腕・・・肩からダラ~ンと垂らして。

では自分のアドレスは・・・。
自分のDRアドレス
明らかに「シャフトを股関節で挟むように重心を下に下げ・・・」が出来ていない。
ただ膝から下は地面に垂直。ただ背筋に緊張感が無い・・・
しかし、あまり重心を下げるとDRがうまく打てないのも事実。
今のアドレス(=立ち気味)は再現性が非常に高く、高いFWキープ率を維持している。

こういった意識を持って夜練へ。

まずは6鉄。腕の力の脱力を意識、クラブの重さを最大限に感じて落として振る。
夜6鉄後方←YouTubeへ

そしてDR。これも意識は同じ。6鉄とアドレスは似ている。
夜DR後方←YouTubeへ

アドレス時に以下をやってみた。
まず、太ももの付け根にシャフトを当て、グ~ッと後方にシャフトを押す。
そしてシャフトを股関節で挟むように、重心を下に下げる。
でも、なかなかしっくりこない・・・
あまり無理なフォーム改造はやはりちょっと危険かも・・・

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2013/06/13 ] 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する