『ゆっくり上げてドスンと落とす』『大きめのクラブで打つ』・・・

今日のラウンドでは、5UTを抜いて行った。
SWの比較が目的だったからだが、最初のホールで5鉄で『ゆっくり上げてドスンと落とす』イメージで振ったら、納得できる球筋でしっかり打てたことが大収穫。
5UTより正確性もありそう。

昨日の晩に、アイアンの各番手に鉛テープを貼って1g増やした(恐らくバランスも少しい変わったはず)のが効果があったのかもしれない。

そのあとに、『大きめのクラブで打つ』を実行して5鉄で2オンしたのも大収穫
他のホールでも、1番手以上大きめのクラブ選択で2オンが増えたのも収穫。

要は
自分の飛距離把握の勘違い
なのだろう。

今頃気づく、いや、認めることは遅すぎるが・・・

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2013/05/19 ] 雑感 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する