悪天候の中、試し打ちに・・・リシャフト後のDR、SW

夕方になって、シャフトの接着を確認して、明日のラウンドに備え、試し打ちへ。
コラソンへ行ったが、暴風でネットを降ろしており、アイアンのみの使用制限中
さすがにDRが打てないので、途中、用事を足してから、ニュー真駒内へ。

持って行ったのは。DR(シャフト:MK-5)、7鉄、9鉄、SW(CG-F2)。
リシャフト後の感触を確かめるのはもとより、鉛を貼ったアイアンの腕の脱力スイングを想い起させるため。

念のため、鉛の貼った状況を書き留めておかないといけない・・・
5鉄:0.5g×3枚、6鉄:0.5g×2枚、7鉄:0.65g+0.5g×2枚、
8鉄:0.65g+0.5g×3枚、9鉄:0.5g×4枚、PW:0.65g+0.5g×4枚

まずはSWのCG-F2。シャフトをMODUS3のSに替え、DGのときより約20g軽くなった。
でもヘッドが効いていて、いい感じで振り易い。
ロブもあまりフェイスを開かなくても出来そう。
5.11 SW MODUS3←YouTubeへ

次に7鉄。これはクラブの重さでボールを打つ感覚を身に付けるための練習。
5.11 7鉄後方←YouTubeへ

そしてDR。FSPのMK-5(SR)にリシャフトしたが、ワッグルすると柔らかいのだが、ゆっくりスイングすると、しっかり感もあって球も伸びていくような感じがする。
明日のラウンド次第だが、力まなければ、何となく良い予感。
5.11 DR MK5←YouTubeへ

またまたラウンドでの天気が気になる状況だが、今日ほどの暴風雨にはならない予報。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2013/05/11 ] 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する