CG-F2に慣れる、そしてバランス調整・・・

ゴールデンウィークはずっと寒かった。
今朝も何と4℃帯広では雪らしい
寒いコラソン早い時間コラソンまだ暖房コラソン

コラソンの早い時間から練習、というか、クラブ調整へ。
早い時間なので2階はガラガラだったが、やはり寒く、ヒーターを点けて練習。
バランス計
持って行ったのは「鉛」。
EPON AF-503のバランスはD1だが、ややヘッドの効きが弱く感じるので、D2ぐらいにしても良さそう。
ということで、鉛貼りで調整を企図。
コラソンにはバランス測定器があるので、鉛を貼って測定してみようと思った。

鉛の貼る重さの解説を頭に入れながら、まずは7鉄だけにD2程度になるように家で貼ってから、コラソンへ行って測ってみた。
すると、ピッタリD2
大体の貼る感覚がわかったので、打席で9鉄、5鉄にも貼って、測定器で測って、D2にした。

もう一つの目的は、一昨日ゴルフ場で衝動買いしたCG-F2フォージドウェッジに慣れること。
70Yのピン狙い、30Y狙いなど、普通に狙うのはクラブの重さで非常に良い感じ。
5.6 CG-F2右70Y狙い←YouTubeへ  5.6 CG-F2 60Y←YouTubeへ

しかしソールの形から、一番気になっていたのがロブショット。
でもこれは、フェイスをあまり開かずに、身体の真ん中ぐらいの位置にボールを置いて普通に打つと、ロブに近い球が出るようだ。
CG-F2ロブフェイス  5.6 CG-F2ロブ←YouTubeへ

CG-F2(SW)の感覚がわかってきたので、次はバランス調整後の5鉄、7鉄、9鉄の練習。
やはり5鉄もしっかり打てるようになりたいので、
脱力過度な前傾回避ゆっくりテイクバックその場回転
だけを意識して練習。
5.6 5鉄正面←YouTubeへ

次にやはり同じ意識で7鉄を。
脱力が出来れば、バランスをD2にしたから、という訳でもないとは思うが、この寒さでもキャリーでしっかり150Yに届いていることを確認
5.6 7鉄後方←YouTubeへ  5.6 7鉄正面←YouTubeへ

打席練習を終えてからは、バンカー練習場へ。
ただ小雨が降っていたので、砂も締まっており、CG-F2でバンカーが打てるかどうかの「確認」に留めた。
普通にアドレスして打てば出る、という感覚があって、かえって三日月ソールのSWより打ち易いかも・・・
ただ、バンカーショットでは少しシャフトが重いかもしれない(DG S200)
5.6 バンカー←YouTubeへ

帰宅してから、他の番手にも鉛を貼って、ひとまず完成
鉛貼り1鉛貼り2

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2013/05/06 ] 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する