廣済堂札幌でのラウンドで気付いたこと・・・

あの酷い風の中でのラウンドで思ったのは、2番手から3番手大きいクラブで打てば、アゲインストでもパーオンも出来る、ということ。

ということは、通常時でも1番手以上のクラブで打てば、それなりの結果が出るということだ

見栄を張って、自分の番手の飛距離を過大評価しているに違いない。

特にユーティリティは、その呼び名の通り、今回はかなり有効だった。
7Wを入れたのも良かったようだ。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する