最近気になるシャフト、フジクラ・MCI(メタルコンポジットアイアン)シャフト・・・

9月にフジクラから出たカーボンシャフト、『MCI』。
先端部に金属がコンポジットされている。

mci

或る紹介から・・・

(特徴)
カーボンシャフトは、スチールシャフトに比べると手元重心になり、クラブのスイングウェイトに影響を及ぼします。
改善するために先端に繊維を多く巻くと剛性が高くなり、フィーリングを損ねる弊害があります。
Metal Composite Technology(MCT)*の開発により、シャフト重心位置の調整とカーボンシャフトの特性である
“滑らかな動き"によるコントロール性の高さを両立することが可能となりました。

*MCT ( Metal Composite Technology ) は、金属とCFRPを融合するために開発された複合化技術を示すテクノロジーやコンセプトです。

(従来のカーボンアイアンと比較して)
・スイングウェイトをスチールシャフト並みに出来るために、スチールシャフトからのリシャフトが容易。
・スチールシャフトと同じヘッド重量が可能となり、操作性が向上。
・全長のカーボン厚さを均一に揃える設計による、滑らかな外径分布、EI分布。
・曲げ剛性を最適化し、アイアンの目的であるスイングの対応幅を広くし、「コントロール性」を高める。
・番手間の完全な振動数フロー、トルクフロー設計。

(スチールシャフトと比較して)
・捩れ、曲げともに高い強度、スチール同等以上の耐久性能。
・設計自由度の高さを活かし、手元側のEIを高めることで打ちやすく、よりしなやかな設計。
・カーボン特有の圧倒的な打ちやすさ。
・スチールに比べて2倍以上の制振性能により、体への負担を低減し、打ち心地を向上。

ということは、スチールから同じ感覚で変えられるのだろうか?
『クラブの重さを感じて振る』がそのまま維持出来るのだろうか?
出来るなら、考えてもみたいが・・・。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2012/10/27 ] 武器 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する