月刊ゴルフダイジェストから・・・(1)

アプローチ特集に、あの田村さんが登場。
なんと『転がすより上げたほうが簡単です』と・・・。
加えて、『ハンドファーストで打ち込みはしない』・・・。

こんなスーパーアマの田村さんが、一般的に言われている『上げるより転がすほうが簡単』ではないのだ
これまでにスキルを身につけた過程で、恐らく田村さんは「上げる」が中心だったのだろうか。

アプローチも人それぞれ。
定説や常識はそれはそれとして、各人に一番適したやり方でいいのかもしれない・・・

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2012/09/30 ] 雑感 | CM(2)

人それぞれですね。自分が信じる方法が一番かと!
[ 2012/09/30 10:07 ] [ 編集 ]

転がしは、当てるのは簡単だけど、距離かんが難しい。
上げるのは、正しく当てるのは難しいけど、距離かんが分かりやすい。

このへんの事情だと思います。

つまり、当てるのを難しいと感じるタイプの人は転がしをやさしく感じ、当てるのが得意な人は上げるのが易しいと感じるのではないでしょうか。

まさに、ひとそれぞれ。

私はブキッチョなので、当てるのが簡単なほうがカンタンだと思いますね。
[ 2012/10/01 23:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する