墓参りの合間に・・・SWのシャフトを挿し替え、そして久しぶりの練習へ

土日の墓参りなどの合間に、懸案だったSWのシャフトの挿し替えを実施。
ゾディアのSWに挿していたNSPRO1050GHのRを、そのままアキラのSWに移植。
総重量も456gになり、PWとの差も7gに。


それを持って、久しぶりに練習へ。他に持って行ったのは、2UT、6鉄、9鉄。
課題は、バンカーでの打ち方を普通のアプローチとあまり変えないで打つことと、9鉄などショートアイアンの引っ掛けをしないようにすること。

バンカーに関して、N氏に「スウェーしている」と指摘されたので、普通のアプローチのスタンスで、ただヘッドの落とし場所を少し変える程度、ということを意識して、打ってみた。
動画で見る通り、まあまあではないか、と思う。
8-11 バンカー←YouTubeへ

また、6鉄では、フォローでの腕の伸ばしに留意。
これもやはり、以前にやっていた「縦振り」のイメージのほうが正確性が向上するように感じた。
これはショートアイアン、9鉄でも同じ。
やはり「縦振り」のイメージ、フォローも縦で前へのほうが引っ掛けが出ないように思う。
8-11 6鉄←YouTubeへ  8-11 9鉄←YouTubeへ

SWはいろいろと遊びながら。
でもシャフトを替えて、ターゲットの精度は上がったように思う。
8-11 SW←YouTubeへ

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2012/08/12 ] 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する