長いクラブの隙間・・・

今日は、持ち帰りを一日かけて済ませながら、身体と心を休めた

そんな中、以前からぼんやりと思っていたこと。

今は、DR以下のWOODとUTは以下の通り。
3W  EPON AF-202HT ロフト15度、長さ43インチ、シャフトN.S.PRO GT600FW(S)
7W  EPON AF-202   ロフト21度、長さ42インチ、シャフトN.S.PRO GT600FW(S)
3UT CALLAWAY RAZR X TOUR ロフト21度、長さ39.5インチ、シャフトN.S.PROGH(R)
4UT CALLAWAY RAZR X TOUR ロフト24度、長さ39.0インチ、シャフトN.S.PROGH(R)

昨日のラウンドでは190Y程度を7Wでオンしている。
恐らく、自分固有の振り易さの長さ、というものが存在して、ちょっと驚く当りになったのだと思う。

エポンのウッドを使う前は、名器「SYB FC-614」で、3Wが地面から打てなかったので、5W、7Wだったが、長さとロフトが相まって、5Wでもそれなりに飛んでいたものだ。
ただ、エポンで薄いヘッドのAF-202HTが出て、試打すると、簡単に地面からも打てて球が上がるので、こちらに移行したという経緯がある。

しかし、今回のように偶には上手くいく時もあるが、ウッドは飛ぶものの正確性はUTには少し劣る。
となると、18度のUTの必要性があるのかもしれない。
「18度」だが長さは「40インチ」。
ロフトは7Wよりは立っているが、長さは短いので飛距離は結局は7W並みか・・・
ただ、RAZR X TOURのソールは船底型。ラフも切り裂いていくので、そこはウッドと大きな違いのはず。

現在は13本のSETTING。したがって、余裕はあるのだが、そこまで長いクラブが必要かどうか。
『あのへ~ん』ゴルフに必要かどうか、もう少し検討が必要かもしれない

マーカス・ミラーの「ルネッサンス」。ジャコ・パストリアスも居れば、バーニー・ブルネルも居る、といった感じ

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2012/07/08 ] 武器 | CM(1)

私は18度UT(1鉄シャフト)いれてから、3Wと5Wが要らなくなってしまいました。
[ 2012/07/10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する