朝一で練習へ・・・デジカメを忘れる失態

午後は引越段ボールがいつ来るかわからないため、天気が穏やかそうな朝一の時間に練習へ。
持って行ったのは、DR、6鉄、8鉄、9鉄、SW。

金ジョンイル(地獄から)さんからの書き込みを参考に、もう少し捻転を大きくすることを意識の中心に置いた練習。
森守洋プロは「あまり右に体重移動すると、左に戻るのが遅れ、開いてしまう。だから、右足の上に体重が乗る程度で良い」と言っているが、もう少し捻転差を大きくすれば、と思っていたのも事実。

実践してみると、9鉄で0℃の中でもしっかり130yのピンに届いていたのが見えた。
他のアイアンでも同様にしっかり飛んでいる。

残念なのは、不覚にもデジカメを持って行くのを忘れたこと。
かなり満足のいくスイングだったように思うが、こういうときはこんなものか・・・。

過去のスイングではあるが、左がアゴの下まで肩が入っているが、右はやや入りが浅い。
ただ、左は右足の外に力が逃げているように見える。
捻転1捻転2

関連記事
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2012/03/24 ] 練習 | CM(2)


はじめまして。
地クラブを好む自分としては北の武器商人さんのクラブ観察は楽しみです。
先日とあるプロの話をしていると最近また山田のパターが静かなブームかもとおしゃっていましたよ。
ギアを変えることも大切ですが、まずはスイングを修正することが大切かも。

さて、以前から気になっていたのですが、折角、試行錯誤なさっていますので
気になっている点を書いてみます。
但し、今のままで良いと思う場合は受け流してください。

動画を見ますと、クラブを手で上げて下ろす手だけのスイングになっています。
下ろす時も手で打ちにいくので全てが一緒に回っている。
ダウンも手が先行してすくい打ちになっています。

まずはこれを修正するためにテークバックを修正することが大事だと思います。
北の武器商人さんは肩を回す意識を持っているのですが、
それが現実では、クラブを横方向へ持って行き肩も腰も一緒に大きく回転。
ただ体を右回転しているだけのテークバックなのです。
テークバックは体を回転させるのはなく、捻転させるのです。
体を回転させず、捻るためには下半身はむしろ回ってしまわないようにすることが大切です。


●しっかりと地面に踏ん張ばる。
 (回らないように踏ん張ることで下から上へ体の捻れが生まれる)
●右股関節が入るように腰を使ってクラブを上げる意識を持つ。
●両肩の回転を使ってクラブを上げていく。

テークバックで右膝が後方に動いてしまうのは、しっかりと踏ん張っていない証拠となります。
[ 2012/03/24 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Mさん、
どうも有り難うございます。
「北の武器商人」ですので、ギアを変えることをやめると、このブログの存在意義が無くなるのです(笑)
[ 2012/03/25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する