ゴルフスイングは縦振り・・・

或る印象に残る表現。
今回、コツをつかんだと思うのは、こんな表現で、とも言えるかもしれない。

ゴルフスイングは、上げたものを下方向へ下ろす上下の運動。
木を右上段から左下へ約45度で「刀で切り落とす」要領の「タテ振り」。
これに体の水平に近い運動が加わっている。

多くの人が実際にボールを打とうとすると、腕でクラブを振ってしまう。
これは「タテ振り」を理解していないから。いわゆる横振り。

では、縦振りと横振りの大きな違いは何か?

縦振りは、両脇とも締まっている。
対して横振りは、右脇を締めて振る。野球でボールを打つのと同じ。

右脇だけでなく、ダウン⇒インパクト⇒フォローまで、両脇が共に締まった状態で、体が回転すること。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2012/02/19 ] 参考 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する