雪の前に練習へ・・・

雪がひどくなる前に練習へ。
今日、持って行ったのは、7鉄とSWの2本だけ。
最近、1~2本だけを持って行く練習のほうが効率が良いのを実感。修正がすぐに出来て身に付く感じがするのだ。
昨日は6鉄と9鉄だったが、今日は実質7鉄のみ。

今日は0℃か着いてみると、もう1階は一杯で順番待ち。
0℃という最近では暖かい気温だからかも。
1階には拘りは無いが、左端の打席で正面動画も、と思ったが、2階も意外に混んできており、結局は右側へ。
正面動画撮影は諦める。
右側打席からは、堆雪場(雪捨て場)が良く見える。

1-29 堆雪場←クリックでYouTubeへ

今日の目的は、『両脇を締める意識をもっと強く持って、トップをコンパクトに
よく練習のドリルでプロコーチが脇にタオルなどを挟んで打てと指導しているが、以前にやってみたが、全く打てなかった。
ちょっと思いついて、今日はやってみることにした。

練習器具では、スイングアームチェッカーやスイングコレクターなどで両脇の締めを意識するのだろうが、さすがに練習器具は持っていない。


ではタオルなど挟もうか、とも思ったが、まずは順番を反対にして、『意識だけ』挟んだくらいに締めて振ってみた。
両脇をこれまで以上に締める意識でスイングしたところ、何とあまりトップも大きくならなくても、同じような飛距離で飛んでいった
そしてややドロー系。
これは或る種の驚きだった。出来ない、と思っていたからだ。
ということは、身体の回転と腕が一体化して、腰の回転に合わせて手が振られていっている、といえるのではないだろうか?

両脇に意識が行っているので、「手打ち」には、なりづらいのかもしれない。
そして気のせいか、トップもこれまでよりコンパクトに収まっている感じがする。
これまた、今日は、先日の『ちょい狭スタンス』に続いて、大きな収穫の日だった
1-29 7鉄後方←クリックでYouTubeへ  1-29 7鉄後方スロー←クリックでYouTubeへ

その後、タオルは無かったが、グローブを右脇に挟んで打ってみた。
すると、当たるし、真っ直ぐ飛んでいくではないか
ただ、失敗もあり、あまり続ける効果は無かったように感じた。
先に物を挟んで振ってみないのが、かえって良かったのかもしれない。
ゴルフは本当にイメージのスポーツだ・・・
1-29 7鉄後方脇挟み←クリックでYouTubeへ

帰宅してから、午後には大きな結晶の雪が降り出した・・・。
1-29 午後は大雪?←クリックでYouTubeへ

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2012/01/29 ] 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する