タイガーと左一軸打法・・・

2011年3月11日(金)の東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます

『左一軸打法』によって、タイガーは復活し始めているそうだ。
正確には「スタック&ティルト理論」だが、一時、自分も興味があって取り組んだことがあった。⇒左一軸打法

アドレスで以下がポイント。
①体の軸は地面に対して垂直
②体重は55%左にかける(腰を左にスライドさせて構える)。
③アイアンでは頭はボールの真上から。ドライバーでは軌道の最下点の真上にセット

左が改造前、右が改造後のアドレス。
旧タイガー新タイガー


なぜ「50%」でなく「55%」なのかはよくわからないが、軸を右に傾けないのがポイント。右に移動して左へ、という体重移動を行なわずに、その場で回転するスイング。

アーロン・バデリーなどのようにすぐに結果を出したプロも出たが、アメリカでは、これまでの理論を否定するものなので、マスコミへの露出も少なくなったようだが、実は浸透しているらしい。

しかし、日本のプロコーチも賛否両論。
体力があって体の柔らかいプロにはいいが、アマチュアには・・・、という反論もある。
またリズムがとり辛いという指摘もある。

個人的には、浸透してきているとしても、やっと身に付いてきた今の自分のスイングを固めるのが良いのかなぁ・・・、と感じている・・・。

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2011/12/30 ] 雑感 | CM(3)

やっとタイガーが私の理論に追いついてきましたね。
っていうか自分はその意識はなくなってきましたが・・・・
だから上手くいかないのかなぁ(汗)
[ 2011/12/31 11:44 ] [ 編集 ]

どう見ても、どちらのアドレスも、右に軸傾いています。私の目が腐っているのかな。

そもそも、TUしているドライバーショットを、軸を右に傾けないで上から見るなんて、滅茶苦茶です。

この理論は、自然消滅するはずです。
[ 2011/12/31 13:16 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

syoballさん、
有難うございます。
やっぱりどちらも右に傾いていますよね・・・。



[ 2011/12/31 13:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する