私もクラブ観察をやってみました・・・

2011年3月11日(金)の東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます

自分の方が先に入手していたタイトリストのAP1-710。
しかし、かずくんさんも後から同じモデルを購入(シャフトは違うシャフトに変更)、クラブを観察していた。

なので、それを真似して自分も「クラブ観察」をやってみた。
かずくんさんと同じように、5鉄~7鉄と8鉄~PWを同じにしてあった。
5鉄~7鉄は8鉄~PWと比べるとショートネックである。
AP1出来具合1

次にライ角のバラツキ。
これもかずくんさんと同じように、7鉄が出っ張って見える。
でも、7番以上がショートネックになっているためで、何の問題も無いはず。
AP1出来具合3

そして重心角フロー。
やはり6鉄が僅かに重心角が小さいか。
ヘッドのヒール側が隣の5鉄と7鉄の間が、開いている。
AP1出来具合2

なかなかの鋳造技術か

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2011/12/11 ] 分析 | CM(3)

何時も紹介していただき、ありがとうございます。

これを買う前にできると良いんですが。
何セットか見て一番揃っているやつを買いたいですよね。
DRなどは単品で比較し易いですが、アイアンは難しいですね。

それでも、重心角のバラつきも同じ傾向ですね。
ってことは、個体差が少ないって事ですね。
そんなことで、更に満足感アップです(笑)。

まー、2セットの判断ですが(汗)。

[ 2011/12/11 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

かずくんさん、
有難うございます。
遠藤さん製ではないはずなので、その割にはなかなかの個体差ではないでしょうか?(笑)
[ 2011/12/11 ] [ 編集 ]

ものは違いますが、私もやってみました。
ネック長さは番手でフローしてました。
中国製の軟鉄だからだと思いますが、
番手ごとに少しネックやヘッドの長さにバラツキが。
5Iの形状がすこし他と違うような気も。
重量も結構ばらついていたということなので、
リシャフトを頼んだ工房さんは大変だっただろうといまさら思いました。
シャフトステップのフローは見事なまでにバッチリあわせてくれてました。
>さすが。

次にクラブを新調するときは、個体差の少ないヘッドにしようと
一段と思わせてくれる観察結果でした。
見た目はシンプルで気に入ってるんですけどね。
[ 2011/12/12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する