SWだけをリシャフト・・・工房さんと相談して

2011年3月11日(金)の東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます

共和ゴルフのHANDMADE SW(下崎一夫モデル)は、廣済堂トムソンで初めて使った時は、ベタベタ寄った
しかし、その後の新札幌台、オークウッドと思いのほか止まらず。
よく振り返ってみると、トムソンの際は、それなりに距離があって、振れている場合が多かったのだ。
ということは、ヘッドスピードも上がり、シャフトが軽めでも、アイアン感覚的に振れる。

ところが、グリーン周りでは、振らないでクラブの重さが必要。手打ちではトップや掬い打ちになってしまう。シャフトが軽いとその傾向になり易いということだ。
なので、AWは概ね振るのでリシャフトは必要ないと思うが、SWは必要と判断。
NSPRO1050GH
工房さんに行って在庫を聞くと、
出たばかりの「DG XP S300(115g)」
ウェッジ専用シャフトの「NSPRO WV115(122.5g)」
普通のアイアン用シャフトの「NSPRO1050GH(R)(106g)」の3つ。

NSPRO WVシリーズは「105」は使っていた。撓る感じがあるが、115ではクラブの総重量が重くなってしまう。
DG XP S300も然り。DGの柔らかい版ではあるが、やはりちょっと硬そう。

前にも試算した通り、NSPRO1050GHがあったので、重量的にもピッタリで、これに決定。
D3のバラウンスが出るかどうか心配だったが、さすが工房さんの腕でD3で完成

さて、あとは実際に打った感じがどうか、バンカーは切るイメージを生かしたまま打てるか・・・

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2011/11/06 ] 武器 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する