心掛け・・・

2011年3月11日(金)の東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます

やっと体調も戻りつつあるか・・・。明日は出張

人生でもこうありたい・・・。プレーでもこれを心掛けているつもりだが・・・。
『その組の最上級者は、本来同伴競技者のボールをしっかり見届ける責任があるのですよ。それはプレーを遅らせないことにもつながります。これはその組全員にも言えます。人のボールを見届ける、探してあげるのは人への思いやりになります。林に打ち込んだ人は、肩身の狭い思いをしています。それを皆で見つけてあげれば、その人は救われます。それが人への思いやりにつながります。ピッチマークも同じ。みんなが修復をすれば、後続の人も気持ちよくパッティングできます。それだけではありません。ピッチマークを直すということはプレーのリズムにもつながります。グリーンの状態を見極める余裕もできますし、一呼吸置く“間”もできます。それがいいリズムにもつながるのです。思いやりをすることで、みんなが楽しくプレーできるのです。そして自分にもいい結果で跳ね返ってくる。思いやりは、人のためでもあり、実は自分のためでもあるのです。』

『“見栄”と“エクスキューズ”はゴルフを最大に見苦しく見せます。人より短いクラブで打つことに何の意義がありますか。飛ばすことが偉いのですか。それにこだわって、うまくいかずに不機嫌になって、迷惑を受けるのは他人です。ゴルフはそれぞれの力量に応じてやるところに面白さがあります。200ヤードのドライブが、270ヤードよりいい結果になることもあります。8番アイアンより、5番アイアンの方がピンに寄ることもあります。またミスに言い訳をしても、誰も同情してくれません。みんな自分の責任です。見栄やエクスキューーズは成長を妨げ、他人に嫌な思いをさせるだけ。ミスも自分の力量と受け止め、それに耐えるのもまたゴルフの面白さ。スコアや結果は二の次、一番大切なのは、ゴルフという楽しいスポーツを、同じ組のみんなで分かち合うことにあります。』

関連記事
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2011/10/26 ] 雑感 | CM(3)

ゴルフの本質

かの中部銀次郎氏は同伴競技者のボールがロストするのを恥じたと言いますね。

ゴルフがアメリカに渡ってからはスコア至上が蔓延し、さらに日本に上陸してからは(省略)~。

最近考えさせられることが多いです。
[ 2011/10/26 ] [ 編集 ]

・・・・言い訳は・・・・・

しますね。

ブログで大々的に?言い訳を書きまくります。

だって・・・いたたまれないんだもの。

自分の下手さが悔しくて・・(笑)
[ 2011/10/26 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

syoballさん、
いつも有難うございます。
「ブログで大々的に?言い訳を書きまくります。」
その場でグチャグチャ言う人のことを言うのだと思います。
ブログなら別に構わないのでは?(笑)
[ 2011/10/26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する