もう一度、コラソンでウェッジ確認・・・

2011年3月11日(金)の東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます

「GT・フォージド・ツアー・イシュー・Jウェッジ」のロフトが56度、FORGED+のロフトも56度。
でも、先日の太平ゴルフセンターでは、DGSL(S300)のシャフトが硬くてロフト通りの飛距離が出ていない感じがしたので、どうも気になって、コラソンでもう一度確かめた。GTだけを持って・・・

先週土曜の大雨の後、気温は一気に下がり、

最高でも18℃程度。一気に秋です・・・。

飛距離の点はやはり杞憂に終わった
しっかり60Yのピンに余裕で狙えたのだ。やはり、あのダンゴボールだったのか・・・。
太くて硬いDGSL。最初にMOZ515に挿した時、非常に合うと直感したが、やはりそれは間違ってはいなかったのだ
太いこともあって、運ぶ感覚。撓って先が暴れる感覚は無い。これは正確性に繋がると思う。

まずは60Yのピンを狙う練習。そして低めの弾道の練習。
9-20 60Y←クリックでYouTubeへ  9-20 低め←クリックでYouTubeへ

そして遊び感覚を取り入れて、ロブ&ソールしないバンカーイメージでの振り。
バンカーイメージのスイングでは、敢えて腰を落とさないで通常のアドレス。
そのほうが頭とボールの位置が普段と変わらないから、狙ったボールの下を打ち易いので。
ピンが近い場合は、フェイスを開くが、構えは同じ。これが自分流のバンカーアドレス・・・かな
9-20 ロブ&ノーソール←クリックでYouTubeへ

これは、GT・Jウェッジが球を拾うから、である。
この記事は次へ・・・

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2011/09/21 ] 練習 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する