なぜMOZ515は構えやすいのか?・・・

2011年3月11日(金)の東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます

ロフトが58度なので、普通に打てば56度よりも高く上がるはず。事実先日のラウンドでは、普通に打ってもややロブ的な球。なのでピタッと止まる。でも、ボールを右に置いても、突っかからないで転がしも出来る。これはソールの丸さに起因するのか。
そしてロフトも立たせることが出来る。56度と比較しても、もっと立っているかも(右がEF-01、左がMOZ515)。
MOZ515ロフト立つEF-01 ロフト56

56度のEF-01と比べても、包みこむ感じがする(右がEF-01、左がMOZ515)。
包み込む感じのMOZ515

この歯からソールの丸みで自由に開けるのだろうか。
この丸さが自由に開けるのか?1この丸さが自由に開けるのか?2

関連記事
スポンサーサイト
←参加中 人気ブログランキングへ←参加中 にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ←参加中  [ 2011/08/09 ] 分析 | CM(1)

MOZ515 の形は最近の形ではありませんが、ジャンプロ世代の私にとってとても安心できる形です。

>普通に打ってもややロブ的な球
まさに普通に打つと前に出るより上へ出る感じが強いですね。
だからラフからは高さで止まるので安心して打てます。(バンカーとラフ専用)

515にしてからはバンカーから出ないミスは記憶にありません。
アゴが高くても開いてパンッ!!でOKです。
ただ、思ったよりショートするようになりました。。。
[ 2011/08/13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する